サービス 葬祭ニュース

社会課題解決へ。葬儀の枠を超えた新サービスを提供開始!「おひとりさまの生前契約」3プランを8月15日より提供開始。

投稿日:2019年8月9日 更新日:

葬儀社「つばさ公益社」と行政書士「よつば総合事務所」(共に長野県佐久市商工会議所青年部員)異業種連携による社会課題解決のための新サービス誕生!

つばさ公益社

高齢単身化が社会問題として捉えられるようになり、「誰にも迷惑をかけず、最期の準備をしたい」という未婚者、子供のいない夫婦、独居者など、最期の準備を自分が元気なうちにおこないたいと、多くの相談が寄せられています。8月15日から「おひとりさまの生前契約」提供を開始し、ひとりでも最期の準備を安心してできるようサービスを提供開始します。

おひとりさまの終活を包括サポートおひとりさまの終活を包括サポート

【 何が新しく、どこが革新的か? 】
従来の部分的なサポートではなく、遺言書作成 〜 死亡立会い 〜 葬儀・埋葬 〜 遺産整理 〜 死後事務までを包括サポート。ワンストップで任せられる革新的なサービスです。

【 なぜサービスを始めたのか、提供の背景 】
2019年4月から佐久市商工会議所青年部で「まちづくり委員会」の委員長(行政書士よつば総合事務所 井出)と副委員長(つばさ公益社 篠原)を務める。両者で交流を深め、高齢単身化の課題とニーズの高まりを確認。お互いの仕事領域理解から、今回の連携と新サービス提供へ。

【 サービスはニーズに合わせて3種類用意 】

  1. <選べる安心プラン9.8万円(税別)〜>
  2. <任せて安心プラン19.8万円(税別)〜>
  3. <死後事務サポート基本パック19.8万円(税別)〜>

【 サービス内容詳細 】

1、<選べる安心プラン 9.8万円〜>
※喪主のいる方向け。生前中に預り金として費用を納め、喪主に経済的負担をかけません。
「選べる安心プラン」は、喪主に経済負担をかけない生前契約プランです。火葬だけの直葬9.8万円や、一日葬24.8万円、家族葬35.8万円など、希望に合わせたお葬式や埋葬・散骨方法(樹木葬5万円、海洋散骨5万円、ゼロ葬0円ほか)を組み合わせて準備できます。

2、<任せて安心プラン 19.8万円〜>
※死亡直後の緊急対応〜安置・葬儀・火葬〜遺骨埋葬〜まで包括支援。
「任せて安心プラン」は、喪主不在に備えて、もしものときの病院への駆けつけ、遺体搬送手配に対応。その後の葬儀・火葬手続き、遺骨の埋葬・散骨手続きまでが「基本プラン19.8万円」に含まれます。

3、<死後事務サポート基本パック 19.8万円〜>
下記①〜⑤までの支援が受けられます。
①行政機関発行の資格証明書(健康保険証、介護保険証、運転免許証、パスポート、印鑑登録証、個人番号カード)等の返納 ②年金の受給停止手続き ③入院費の精算手続き ④介護施設利用料の精算手続き ⑤葬祭費・埋葬費の請求手続き(上記①~⑤を実行するための死後事務委任契約公正証書作成も含む)
他にも、オプションで遺産整理(遺言執行)として、現金、預貯金、不動産、株式、生命保険、遺品整理、公共料金解約などの整理支援オプションも選ぶことができます。(遺産額に応じた報酬額になります)

選べる安心プラン選べる安心プラン

 

選べる安心なお墓選べる安心なお墓

詳細なサービス説明は下記をご参照ください。
https://so-gi.com/ohitorisama/

終末期の心配を包括的にサポート。新しい安心をご提供します。
異業種連携による業界の垣根を超えた新サービスが始まります。

【つばさ公益社】
〒385-0009 長野県佐久市小田井906 https://so-gi.com
2017年創業。2019年2月信州ベンチャーサミット2019グランプリ獲得。佐久市内に家族葬ホール2箇所を運営。低価格葬や、墓じまい、新しい弔い(ゼロ葬、ポータブルな墓等)提供に特徴。

【行政書士よつば総合事務所】
〒385-0022 長野県佐久市岩村田1335-3-101 http://www.souzokuigon.com
2007年開業。開業以来、無料相談を実施するなど、地域の身近な相談役として遺言・相続手続きのサポートに力を入れている。長野県行政書士会佐久支部 理事、広報部長、法務・国際部会長などを歴任。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.