葬具・商品 葬祭ニュース

天国のおじいちゃんも思わずヨダレ!? お盆のお供えは「うな重キャンドル」で決まり!

投稿日:2019年7月19日 更新日:

カメヤマの好物キャンドルの新商品は、焼き目もリアルな「うな重キャンドル」

カメヤマ

ローソク・線香の製造販売カメヤマは、人気の「好物キャンドルシリーズ」から新ラインナップとして、焼き目こんがりタレのたっぷりかかった夏のごちそう「うな重キャンドル」を発売。

 

焼き目こんがり「うな重キャンドル」焼き目こんがり「うな重キャンドル」

 

 

「うな重、大好きだったよね」 と故人との思い出広がる

うなぎは江戸時代から親しまれている庶民的な食べ物でしたが、最近では漁獲高減少に反比例してその価格は高騰の一途。今や、庶民がなかなか食べられない夏のごちそうに。とはいえ、昔から夏バテの時期や、土用の丑の日にはよく食べていたという故人も多いのでは。

そんなうなぎが大好物だった故人に、お盆のお供えとして「うな重キャンドル」はいかがでしょうか。こんがり焼き目のついた蒲焼と、タレがたっぷりかかったご飯はまるで本物。山椒の葉をちょこんとのせたり、細かいディテールにまでこだわりました。「おじいちゃん、うな重好きだったよね」と、家族で思い出話が広がること間違いなしの仕上がりです。

リアルな見た目の秘密は、ひとつひとつ手作りしているから。微妙な焼き目も、ご飯に染み込んだタレの具合も丁寧に作り込んでいます。
 

まるで本物!まるで本物!

細かい演出はパッケージにまで

うな重とともにお漬物、肝吸い、おてもとがデザインされたパッケージの中は、まるでうなぎ屋さん。ミニュチアの世界に入り込んだような気分で、見る人を飽きさせません。お仏壇にそのまま飾るもよし、お盆には迎え火送り火として火を灯すもよし。見て触って火を灯して、何度も会話が生まれるお供えキャンドルです。

※今年の土用の丑の日は、7月27日(土)
 
商品名:うな重キャンドル
価格:680円(税別)
燃焼時間:約1時間
商品詳細:http://rosoku.kameyama.co.jp/rosoku/collaboration_favorite_rosoku/t87130000/
※お買い求めは、全国のお仏壇店・雑貨店まで

◆好物キャンドルとは
特別な日にはごちそうが並ぶ家族の食卓。天国にいる家族にも、もちろん好物を―。「火を灯して、キャンドルが少しずつ減っていく様が、まるで本当に食べてくれたよう…」そんな泣き笑いの心温まるストーリーが、この商品の基本コンセプト。『好物キャンドル』は、贈る人・使う人によってストーリーが紡ぎだされ、人と人の心を結ぶキャンドルです。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.