葬具・商品 葬祭ニュース

特集は「お寺のトリセツ」 巻頭インタビューは、かたせ梨乃 終活読本「ソナエ」夏号、7月11日発売

投稿日:2019年7月9日 更新日:

産経新聞社

産経新聞社の終活季刊誌「ソナエ」2019年夏号が7月11日(木)に発売されます。お盆を前にぜひ、知っておきたい「お寺、お坊さんとの付き合い方」を大特集。お布施の額など聞きにくい25の質問に僧侶が本音で回答。このほか、改めて良さが注目されている「寺院葬」から人生相談、女性に人気のヨガ教室に至るまで、より広く門戸を開いたお寺の最新事情を紹介します。巻頭インタビューは女優のかたせ梨乃さん。93歳になった両親にしっかり寄り添う日常と、ひとり娘の思いを率直に語ってくれました。詳細は産経新聞出版のサイト(http://www.sankei-books.co.jp/sp/sonae/)で。定価840円(税別)。

  • 大特集「お寺のトリセツ」(取扱説明書)

葬儀、法事に限らず、お寺や僧侶には多様な役割があります。特集では「生」「病」「老」「死」のさまざまな場面で「お寺をもっと役立たせよう」と提案。境内で開催される坐禅や写経、ヨガ教室のほか、夏休みの子供たちにピッタリな「寺小屋合宿」など、お寺の最新事情を紹介します。さらに、病院内で終末期患者に向き合う「ビハーラ僧」の座談会、お布施や戒名など聞きにくい質問にお坊さんが本音で答える「Q&A25」も。
 

  • 特集「自然に還りたい ブームの虚実」

新しい葬送の形として注目が集まっているのが、自然のなかで眠るイメージが強い「樹木葬」「散骨」などです。石のお墓と比べて価格が安く、子供や孫といった継承者がいない人にも人気です。ただし、意外と簡単にできないのが、遺骨が完全に「自然に還る」ことです。特集では樹木葬や散骨の種類、費用などを詳しく紹介。自然界に埋葬された遺骨の行方を専門家に徹底取材しました。

このほかにも、いつか迎える「その時」に役立つ情報が盛りだくさん。

☆令和で注目 中西進氏の新連載「万葉集にみる死生観」
☆平成の歌姫・本田美奈子.の「生き方 逝き方」
☆インタビュー 中村梅雀さん「母を偲んで 今夏は新盆」
☆かんたん図解「100歳筋肉」で認知症を予防しよう
☆「人生会議」って何だ。最終段階の「医療・ケア」を話し合う

「終活読本ソナエ」は、平成25年に創刊された日本初の終活専門の季刊誌です。葬儀・お墓・保険・老後資金・相続…いつか迎える「その時」の憂いをなくし、人生を美しく仕上げるための情報を提供します。年4回発行。全国の主要書店またはアマゾンでお買い求めください。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.