フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 ㈲アルゴダンザ・ジャパン

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

遺骨からダイヤモンドを精製するサービスを行っている。
本社はスイスであり、創業15年。日本の創業は14年。
価格は故人一人につき50万円。テレビなどメディアへの
露出も多数。お墓を作らない人たちへ寄り添う理念である。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

やはり最も際立つ展示は遺骨からダイヤモンドの精製するという
ものであったが、特に訴えたいことは、お墓はいらない、作らない、
作れないと悩む方々に寄り添うということである。
ガイドブックはお墓への悩みを解決していく内容であった。

他社との違いや今後の予定

永代供養、散骨、樹木葬に続く第4の選択肢としてダイヤモンド葬を
打ち出している。メディアに取り上げられたことも豊富にある
ということでその注目度とユニーク性は高く、メモリアルダイヤモンド
として毎年出展している。
約60人の日本人をスイスの工場へ見学に出ているなど、人材教育の
積極性もうかがえる。お墓を作らないという遺族が増加傾向に
ある現在、そこに寄り添う企業であるため、注目度はやはり高い
と思われる。

アルゴダンザ・ジャパン

http://www.algordanza.co.jp/
054-253-7130
054-253-7170
静岡県静岡市葵区両替町2丁目4-15静岡O・Nビル7F

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.