サービス 葬祭ニュース

話題の資格、看取り士とは?「看取りステーション八ケ岳」が長野県に開所

投稿日:

「看取りステーション八ケ岳」(ステーション長:岡亜佐子さん)が、長野県に開所した。

看取り士とは本人の望む最期に寄り添い、看取る話題のエンディング資格だ。

この秋に公開された映画『みとりし』(http://is-field.com/mitori-movie/index.html)が話題で、人気お笑い芸人も、最近看取り士の資格を取得したとブログで表明したばかり。

平成ノブシコブシの徳井健太が27日、自身のTwitterを更新。看取り士の資格を取得したことを報告した。

看取り士とは、死が近い人の精神的な負担を取り除き、出来る限りの援助をして、納棺前までの最期に寄り添う仕事である。徳井は認定証を手にした写真とともに、「無事、看取り士になれました」と明かしていた。

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_49709/

 

この看取りステーションは終末期の居場所として提供し、生活費のみで最後まで寄り添うそう。この看取り士を派遣するのは一般社団法人日本看取り士会だ。

2012年に設立。柴田久美子会長が02年に島根県の離島に看取りの家を開設し、本人の望む最期に寄り添い、抱きしめて看取る活動を始めたのがきっかけ。看取り文化の普及を図る講演や講座、看取り士の養成、看取り士による相談や派遣サービスを行っている。

引用元:http://www.nagano-np.co.jp/articles/54879

岡さん(54)は「死は、旅立つ人が生きてきたエネルギーの全てを見送る人に渡し、受け取ることのできる荘厳な場。地域の皆さまと力を合わせて不安な最期の時のお手伝いをしたい。家族や社会に優しさを取り戻せたら」と話す。釋さん(65)は「日本には豊かな死の文化があり、豊かな生があった。その文化を回復する一歩を踏み出したい」

引用元:http://www.nagano-np.co.jp/articles/54879

問い合わせ:看取りステーション八ケ岳 0266・78・8450

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.