フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 三菱電機㈱

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

葬儀施設の快適性を手軽に高める機器「ジェットタオル」「スモークダッシュ」「カンタンサイネージ」「液晶テレビ」などの紹介。会社の事業概要は重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器など。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

改築するほどの予算はかけられないため、後付けできる電気機器で、手軽に葬儀会場の快適性を高めたい、というニーズにマッチした商品を紹介をしています。パワフル&ワイドに煙をキャッチする「スモークダッシュ」、紙に比べてランニングコストが安い「ジェットタオル」などをお勧めしています。

他社との違いや今後の予定

今はどの施設も「禁煙」や「分煙」が常識で、タバコの臭いを嫌がる声が大きくなっている。一方、葬儀に参列する年配者には愛煙家も多い。「スモーク奪取」は煙をダイレクトに吸引し、タバコ臭の主成分を処理することに特化しているので、高い脱臭能力を発揮。「ジェットタオル」は、ペーパータオルや布ロールタオルに比べ、ランニングコストが非常に安いのが魅力。※1か月の費用は、ペーパータオルが5000円、布ロールタオルが7500円に対し、ジェットタオルの電気代は82円~121円。

三菱電機

https://www.mitsubishielectric.co.jp/
03-3218-2111
掲載なし
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.