フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 ㈱エクセル

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

冠婚葬祭用ギフトの卸し、販売。生産者から直接仕入れした、「生産者の顔が見える」こだわり食品の返礼品を販売。また手書きの文字をWi-Fiで瞬時にデジタルに変換する「デジタルペン」で、葬儀にかかわるさまざまな書類制作の省力化も提案する。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

故人からの感謝の気持ちが伝わるよう、生産者の顔が見える食品を厳選していることをアピールしたいです。例えば緑茶は、2002年に国連の専門聞かなにより創設された「世界農業遺産」にも選ばれた「静岡の茶草場農法」。有明海苔は自社生産。梅干しは、明治27年から作り続けているメーカーのものです。

他社との違いや今後の予定

返礼品は、故人からの最後の贈り物。もらって心に残るものを選んでもらいたいと考え、厳選した食品をラインナップ。また「デジタルペン」は、パソコンのスキルを持たない人でも、これまでの業務を変えることなく、現在の業務フローでただ紙に書くだけで、瞬時にデジタルデータに替えられるツール。例えば香典帳に記入された住所と氏名が、パソコンに打ち込む手間なしに瞬時にそのままデータ化される。アンケートも記入後すぐにデータかされるので、集計の手間が省ける。さまざまな葬儀業務の省力化に役立つ。

エクセル

https://www.excelnet.jp/
0480-58-9786
0480-58-9033
埼玉県久喜市八甫2-278

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.