サービス 葬祭ニュース

2019年の炎上キーワードは「うやむや」に決定、「柴燈大護摩火渡り大祭」と「炎上供養」を開催

投稿日:2019年10月8日 更新日:

日本初、ネット炎上供養を開始した国上寺が一年に一度の炎上供養の大祭に約1,500件の炎上が個人・企業から集まる

国上寺

デジタル社会における“炎上”を供養することを目的に、昨年から日本初の炎上供養専用サイトを開設した国上寺(新潟県燕市)は、10月6日(日)に柴燈大護摩火渡り大祭を開催し、今年炎上した事や投稿を柴燈大護摩の火に入れ焚き上げ供養する“炎上供養”を執り行いました。当日は、2019年の炎上の傾向をもとに決定された「炎上キーワード」が発表され、2019年の炎上キーワードは“うやむや”に決定いたしました。

 

2019年の炎上の傾向は「“うやむや”な対応がさらに炎上させる」結果に!

 2019年も多くのネットでの炎上が発生しました。2019年の傾向としてとりわけ注目されたのは、「経済、社会、世の中で発生してしまった炎上への"うやむや”な対応がさらに炎上する」という傾向でした。また、動画投稿サイトが世間に広く普及され、多くのSNSで炎上が発生してしまうことになりました。デジタル社会では炎上に対してどのように対応していくべきなのかを考えさせられる1年となりました。

URL:https://www.kokujouji.com/kuyou/
 

 

 

 

約1,500件の応募頂いた炎上を柴燈大護摩の火で供養

 『柴燈大護摩火渡り大祭』にて、来場された方々の目の前で炎上供養を執り行いました。 “炎上供養専用サイト”に企業・個人から集まった約1,500もの供養したい「炎上」を撫木(なでぎ)に書き込み、柴燈大護摩の火に入れ焚き上げることで供養しました。
 

柴燈大護摩火渡り大祭とは

 柴燈大護摩は、修験道で野外において修される伝統的な護摩法要のことで、真言宗を開いた空海の孫弟子に当たる聖宝理源大師が初めて行ったといわれています。柴燈護摩に「柴」の字が当てられているのは、山中修行で正式な密具の荘厳もままならず、柴や薪で檀を築いたことによります。当寺では、ご参拝の方々も火渡りに参加できるため、多くの方が一年間の無病息災などを願い、お出でいただいております。

謙信、義経、弁慶、良寛、酒呑童子が訪れた 越後最古の古刹「国上寺」

 新潟県燕市国上に位置します国上寺は、元明天皇和銅2年(709年)に越後一の宮弥彦大神の託宣により建立された、越後最古の古刹です。格式としては、孝謙天皇より御宇にて正一位を賜り、北海鎮護仏法最初の霊場として信心のより所とされてきました。平成21年には開山1300年を迎え、良寛上人をはじめ上杉謙信公、源義経・弁慶、泰澄大士、聖徳太子、万元上人など様々な御縁のもと歴史を重ねております。

昨今の「若者のお寺離れ」に対して、お寺の方も時代に合わせた役割を担っていく必要があるという考えから、炎上供養だけでなく、若い女性にお寺に足を運んで頂く機会をつくる、またお寺の古いイメージを払拭していくことを目的にした「イケメン偉人官能絵巻」など様々なお寺改革を行なっています。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-サービス, 葬祭ニュース
-,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.