遺品整理 企業紹介

遺品整理かしょのゆめ

投稿日:

企業紹介

かしょのゆめ サイトトップページ

かしょのゆめは、協業組合石巻廃棄物処理センターが運営している遺品整理専門会社。社名の由来は、中国の故事「華胥之夢(かしょのゆめ)」から。古代皇帝が理想郷の夢を見て、夢に出てきた国を実現するべく、自国を良く治めたという言い伝えによる。故人が理想郷へ安らかに旅立つようにという意味が込められている。

遺品供養を行った証明として「供養証明書」を発行しているのが特徴。また、着物や浴衣、スーツやネクタイといった遺品を、バッグやブローチ、草履などへリメイクする「つなぐっず」も制作している。

会社概要

社名協業組合石巻廃棄物処理センター
代表者名佐藤 佑
住所宮城県石巻市門脇字明神1番地37
事業内容遺品整理事業
創立平成27年(2015年)4月 
資本金-
従業員数-

本社地図

サービス紹介

遺品整理

費用は、1K4万7000円から。費用に含まれるのは、養生作業・廃棄物処理代・仕分け作業・梱包・搬出・軽作業・車両代。遺品整理士資格あり。特殊清掃可。

サービスの流れは以下の通り。

  1. 相談
  2. 現地見積もり
  3. 契約
  4. 室内の遺品の確認
  5. 分別・梱包
  6. 遺品仕分け・貴重品捜索
  7. 搬出
  8. 室内清掃
  9. 終了確認
  10. 支払い

形見分け配送可能。自動車やバイクの一括処分も行っている。同様の料金で生前整理も可能。

遺品リメイク「つなぐっず」

大事な遺品を実用品などにリメイクする。着物をトートバッグに、ループタイをブローチに、浴衣を草履に、庭花を押し花になど、さまざまなアイディアでハンドメイドグッズを制作。トートバッグ8000円からなど。

  • この記事を書いた人
奥山晶子(おくやましょうこ)

奥山晶子(おくやましょうこ)

1980年 山形県生まれ
2003年 新潟大学卒業
    冠婚葬祭互助会に入社し葬祭業に従事
2005年 退職
    書籍営業代行会社に入社
2006年 退職
2008年 出版社へ入社
     ミニコミ『フリースタイルなお別れざっし 葬』発刊

著書に『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文藝春秋刊)、『「終活」バイブル』(中公新書)がある

奥山晶子の記事一覧

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-遺品整理, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.