セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

50歳からの働き方改革はどうしたらいい? 「幸せな定年を迎えるために50才からやっておくべき《会社員の終活》41のルール」(ぱる出版)が本日発売!

投稿日:2018年7月13日 更新日:

パルトネール

公的年金の支給開始年齢が65歳になり、少なくともそこまでは働かなくてはならない。しかし会社員には活躍期である「賞味期限」と、リストラされないで済む「消費期限」があることを忘れてはならない。晩節を汚して定年退職するような人は、悲惨な末路になっているが、周囲から慕われ、惜しまれて退職する人は充実した第2、第3の(仕事)人生を謳歌している。幸せな定年(定年後)を迎えられる人と、そうでない人の違いは、『いかに上手に残り少ない、会社員の人生を終わらせられるか』にある。その具体的な生き方、考え方、身の処し方の注意点、ポイントについてアドバイスした一冊。
著者が代表を務めるパルトネールでは、50歳以上向け「中高年キャリアマネジメント研修」「人生100年時代のライフシフト研修」を用意。

<本書の内容>
第1章 50代からの働き方次第で会社員人生の幸せな終わり方が決まる
第2章 会社員人生の”残りあと半分”の戦い方
第3章 会社に貢献できることをアピールするためには50歳を過ぎてからの働き方が重要になる
第4章 50歳から本気で考える《仕事》と《お金》と《生活スタイル》のこと
第5章 幸せな人生の後半を迎えるための「会社員の終活」は50歳になったら進めておきたい

<50歳以上会社員向けのキャリア研修>
サービス提供対象:法人
研修①「50歳代社員のためのキャリアマネジメント研修」(1日または2日)
実質的な定年延長に伴い、50代、60代に活き活きと働いてもらいたいと思うのは、どの企業も同じです。定年/再雇用後もモチベーションを持って働いていただくためのキャリア・マネジメントをマスターしていただきます。
研修②「人生100年時代のライフシフト研修」(1日または2日)
人生100年時代になると、80歳までは現役で活動しなければ、経済的に成り立ちません。ポストオフや介護離職、定年後の不安などモチベーションが下がり気味な中高年社員(55歳くらい以上対象)に自身の人生の意味と向き合う『人生の授業』を行います。
研修③「50代社員のためのオリジナル キャリアデザイン研修」(コンサルティング付き)
企業の中高年問題(モチベーションの低下、仕事の抱え込み、取り組み姿勢の劣化など)など企業特有の状況を確認・コンサルティングしながら、オリジナルの研修を作り上げていきます。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.