サービス 葬祭ニュース

終活ブームでお申込数累計5万枚を突破したお葬式の「早割(はやわり)」 有効期間を廃止、無期限で利用可能に 8月1日スタート

投稿日:2017年8月1日 更新日:

ユニクエスト

 インターネットで定額・低料金の葬儀「小さなお葬式」を運営するユニクエスト・オンライン(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)は、8月1日より業界初のお葬式の「早割(はやわり)」の有効期間を廃止し、無期限でお使いいただけるように変更いたします。

小さなお葬式の「早割(はやわり)」 http://www.osohshiki.jp/plan/reduce/

 

■「小さなお葬式」早割チケット発売の背景

 人生の終わりをよりよく迎えるための活動「終活(しゅうかつ)」ブームの影響もあり、「子供に迷惑を掛けたくない」「身近に心配な人がいる」などの理由から、事前にお葬式の準備をされる方が増加しています。事前にお葬式の予約をしたいというお客様のご要望を受け、2014年から事前にご予約いただくとお葬式の費用が安くなる「早割」チケットの販売をスタート、3年間で5万枚(2017年3月末時点)のお申し込みをいただきました。

 これまで「早割」には3年30日の有効期間を設定しておりましたが、より使いやすいサービスを目指し、8月1日より有効期間・更新手続きを廃止し、無期限でお使いいただけるよう変更いたしました。

 

 

■ 「⼩さなお葬式」早割(はやわり)の概要

1.販売価格:500 円(500 円で早割の権利を購入できる)

2.利⽤範囲:購入者含む3 親等まで

3.免責期間:購入から30 日

※早く買うほどに安くなる、業界初の早割(はやわり)システムを採⽤。

4.割引⾦額例(⾦額はすべて税込表⽰)

「小さな家族葬」プランの場合

【葬儀のみ】通常価格:493,000円

30日後~:478,000円(15,000円割引)➡1年後~:463,000円(30,000円割引)➡2年後~:443,000円(50,000円割引)

 

【葬儀+寺院手配】通常価格:653,000円

30日後~:635,000円(18,000円割引)➡1年後~:615,000円(38,000円割引)➡2年後~:587,000円(66,000円割引)

 

 

■定額・低料金の「小さなお葬式」について (小さなお葬式:http://www.osohshiki.jp/

全国統一料金、追加料金が不要な業界初の定額の葬祭サービス。使用する物品の品質ではなく、お通夜や告別式などの儀式の有無で金額を設定。ご依頼件数は累計10万件を突破致しました(2017年3月末時点)

 

「小さなお葬式」主力3プラン

「小さな火葬式」193,000円(税込):直葬(ちょくそう)と呼ばれる儀式なしのプラン

「小さな一日葬」343,000円(税込):告別式を1日で行うプラン

「小さな家族葬」493,000円(税込):通夜、告別式を2日かけて行うプラン

 

 

【ユ二クエスト・オンライン】 https://www.uqo.jp/

所在地:〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町1-6-3

代表取締役:重野 心平

設立:2006年08月01日

事業内容:インターネットメディアの企画・開発、Eコマースソフトウェアの企画・開発

 

「インターネットを使って、価格不明瞭な業界を明瞭にする」という企業理念の下、創業したITベンチャー。主力サービス「小さなお葬式」は、業界初の「全国対応」、「追加料金不要」の定額プランを提示。お客様の明瞭価格の葬儀を安心して行いたいというニーズと合致し、2016年に「依頼件数日本一(※)」を獲得しています。

(※)2016年調査会社調べ。

 

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.