セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

終活の「困った!」解決セミナー開催! 京都・壬生寺の副住職と対談形式で不安やお悩みを解決

投稿日:2018年12月11日 更新日:

コギト

京都市中京区の壬生寺で、2018年12月17日(月)、相続・お墓・空き家・遺品整理・お葬式の事など、終活の「困った!」を解決するセミナー『テラネス特別企画 お寺で終活セミナー』を開催いたします。(主催:コギト(本社:京都府京都市、代表取締役:太田 稔))

メインビジュアル

【イベントについて】

終活のよろず相談所Officeニコの藤井 奈緒先生と壬生寺の松浦副住職が対談形式で、みなさまの終活に関する不安やお悩みを解決します。

【対談内容】

◆ 「困った!」我が家に跡取りがいないんです!

◆ お墓はどうしたらいいでしょうか?

◆ 昨今流行りの〇〇葬について語ろう!

◆ お寺が考える「エンディングノート」の必要性

◆ 「子どもに迷惑をかけない」終活とは

【イベント詳細】

日時 :2018年12月17日(月) 13:00~15:00(受付開始時間 12:40~)

場所 :壬生寺 中院

料金 :1,000円(要事前予約)

ご予約:テラネスHP( https://teraness.com/ )

    お電話 ( 075-255-9801 (平日9:00~18:00) )にて受付中

締切 :2018年12月14日(金)

【壬生寺について】

壬生寺はお地蔵さんのお寺。

毎年節分と4月、10月に演じられる無言劇「壬生狂言」や、新撰組が最初に屯所を置いた場所であることから、新撰組ゆかりの寺としても有名です。

境内には、新撰組隊士の墓などがあり、新撰組局長・近藤勇の胸像や、屯所で暗殺された隊士、芹沢鴨と平山五郎の墓などがあります。

壬生寺 表門

https://www.atpress.ne.jp/releases/172790/img_172790_2.jpg

【壬生寺でヨガ教室も開催中!!】

壬生寺では、ヨガ教室も開催中。

一般の拝観では入室できない、ご本尊の十一面観世音菩薩(鎌倉時代)の前で、ヨガや瞑想などを組み合わせた特別プログラムを実施しています。

生徒募集についてはテラネスHP教室生募集ページ( https://teraness.com/ )をご参照ください。

壬生寺 ヨガ教室

https://www.atpress.ne.jp/releases/172790/img_172790_3.jpg

平井 佳奈先生(テラネス認定講師)

https://www.atpress.ne.jp/releases/172790/img_172790_4.png

【テラネスについて】

お寺(Tera)×フィットネス/マインドフルネス(ness)の造語です。

静寂で景観も良く心落ち着くお寺の環境で、社会生活のストレス解消と健康増進をテーマとした新しい運動プログラムをご提供しています。

普段拝観できないような本堂の中や通常撮影禁止の場所が貸しきりになる点や、京都ならではの体験ができる点を、参加者の方から大変ご評価いただいております。

◆WEBサイト: https://teraness.com/

◆過去開催実績

・壬生寺(中京区)、海宝寺(伏見区)

 ヨガ、ピラティス、健康体操教室を毎週開催

・仁和寺(右京区)、東福寺(東山区)・黄檗宗大本山萬福寺(宇治市)

 プロ写真家を講師としてお招きした写真撮影会

・今熊野観音寺(東山区)

 手作りうちわ体験会 など

◆テラネスの想い

・体の機能を高めるフィットネスと脳に好ましい変化をもたらすマインドフルネスを融合することにより、「お寺での体と心のケア」をご提供します。

・宗教離れや檀家の減少など「寺離れ」が進む中、お寺を会場とすることにより、お寺と地域住民との関係性を深めてお寺を活性化します。

・一人暮らしのお年寄りや、定年後「地域デビュー」ができずにいる方などへ、地域の方と繋がりを持てる場を提供することにより、お寺を中心とした地域のコミュニティ作りを応援します。

【運営会社】

会社名  : コギト

設立   : 1990年6月

代表取締役: 太田 稔

資本金  : 9,500万円

事業内容 : システム開発・運営、EC事業、ヘルスケア・スポーツ啓発事業

URL    : https://www.cogito.co.jp/

 

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.