NPO団体 企業紹介

特定非営利活動法人ふるさと応援隊

投稿日:

(定款に記載されたの目的)

特定非営利活動法人ふるさと応援隊は、兵庫県南あわじ市を中心に、有形無形のふるさと資源を活用するまちづくり事業を行い、地域活性化に寄与することを目的とする。
2 高齢者が地域で安心・安全な自立した日常生活と社会生活を営んでいくために総合的な支援事業を行い、地域福祉に貢献するとともに、地域住民が心豊かで笑顔に満ち溢れ、共に営むことができる地域社会の創造に寄与することを目的とする。
3 高齢者の地域での孤立化を食い止める為の地域連携活動及び、高齢者及び遺族が安心して遺品整理を依頼できる環境づくりを行う事業を行い、高齢化社会に対応した社会福祉の発展に寄与することを目的とする。

特定非営利活動法人ふるさと応援隊
事務所所在地兵庫県南あわじ市倭文庄田981
URL
代表者氏名加地 利行
設立認証年月日2003年09月22日
活動分野まちづくり/連絡・助言・援助

事務所地図

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-NPO団体, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.