サービス 葬祭ニュース

四国初!!YouTuber瀬戸内サニー、四国内にて初の企業とのタイアップ企画をお仏壇屋「岩佐佛喜堂」と実施!! 岩佐佛喜堂が展開するPRキャンペーンのアンバサダーに就任!!

投稿日:

瀬戸内サニー

瀬戸内サニー(本社:香川県高松市、代表取締役:大崎龍史、以下「瀬戸内サニー」)は、同社が展開するYouTuber事業「瀬戸内サニー」にて、仏壇仏具製造販売をする岩佐佛喜堂(香川県高松市 代表取締役社長:岩佐武彦、以下「岩佐佛喜堂」)と、四国内にて初の企業とのYouTuberタイアップ動画の制作配信を実施いたします。
 

  • タイアップ概要

両親や祖先に想いを馳せ、敬うこころを大切にしてもらうことを目的とし、今年から8月8日を独自に「親想いの日」と 定めたPRキャンペーンを岩佐佛喜堂が展開。その取り組みのPRアンバサダーにYouTuber「瀬戸内サニー」が就任し、YouTubeのタイアップ動画を制作および配信。四国内において活躍するYouTuberと企業のタイアップ企画は四国初の試みです。(当社調べ)

第1弾:一休さん、親不孝者に喝を入れるの巻

 

第2弾:香川県で一番ヤバイゆるキャラになってみたの巻(7月下旬公開)
岩佐佛喜堂が展開する妖怪キャラの格好になり、親不孝者に罰を与える企画を実施。
 

 

 

  • 代表メッセージ(代表取締役社長 大崎龍史):

時代が令和へと変わる中で、薄れ行く文化や風習があります。

例えば香川の風習では、お盆の時期に白い灯籠をお墓に吊るす文化や、地域によってはお亡くなりになった方のお仏壇に、3年間だけ大きな灯籠をお仏壇の前にお供えする文化があると聞きました。これは香川県だけでなく、日本の各地域ごとに独自の文化があるかと思います。だけども、そういう文化が少しずつ無くなるにつれて、ご先祖様や家族を想うきっかけが減っているのではないでしょうか?

「それでも時代が変わっても、ご先祖様や家族を想う機会を増やせれば」という岩佐佛喜堂の岩佐副社長の想いに心から共感し、今回のタイアップ企画の実施に至りました。香川県内を中心とした若者の皆さんが「両親や祖先に想いを馳せ、敬うこころ」を大切にするきっかけになればと思い、YouTube動画の制作配信を実施。

悲しいニュースが世の中に溢れている今、この取り組みが少しでも明るい世の中になる一助になればこれほど嬉しいことはありません。

■本件に関するお問い合わせ:
メール:info@setouchi-sunny.com
Webサイト:http://setouchi-sunny.com/
電話番号:080-2387-2279(代表)

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.