サービス 葬祭ニュース

世界初、次世代遺言スマートコントラクトを作成できるシステムを開発。ツバイスペースのブロックチェーン、ツバイチェーンに実装。

投稿日:2019年10月9日 更新日:

Alternative, next generation Inheritance Smart Contract System created by Zweispace on ZWEICHAIN

株式会社ZWEISPACE JAPAN

次世代の遺言システムになるとも考えられる、次世代遺言スマートコントラクトを作成できるシステムをツバイスペースが開発した。実際の実務に即したオペレーションに組み込まれるスマートコントラクトは、世界で初めて。遺言にかかわるスマートコントラクトも当然、世界初だ。

Alternative, next generation Inheritance Smart Contract System is created and will be delivered to financial industry starting from Japan. The system is powered by Smart Contract System on ZWEICHAIN, a blockchain company Zweispace provides.

【遺言代用スマートコントラクトのプログラムの画面の一部 (英語版)】

同時に共同開発している信託アドバイザリーシステムでは、スマートコントラクトの他、依頼主の状況に応じて、さまざまなケースを想定したアドバイスが質問形式で受けられ、また、リーガルテックを活用した民事信託の契約書など、信託にかかわるさまざまな契約書を瞬時に作成でき、結果をブロックチェーンに登記することで、スピーディーかつ効果的な業務が実現可能だという。
 

 

【信託アドバイザリーシステム ピタっと信託の画面】

【民事信託アドバイス画面の一例】

【リーガルテックで民事信託契約書の自動作成画面】

 

ツバイスペースでは、不動産のAI査定システム、ロボット建築士による、不動産の建て替えシミュレーションと建て替えプランなどのアプリケーションを開発運営しており、今回の信託アドバイザリーシステムの導入とともに、相続関連での資産の大半をしめる不動産の査定や税金等も考慮した客観的な市場価格と税理士的な視点も加味した最適な判断を、司法書士事務所等が母体となっている信託保障協会の厳正な手続きにより保障できる。としている。

今回は、実際に民事信託の業務に長年携わられた専門家の先生と開発できたことが日本にとっても幸いで、日本に700万人いるといわれる認知症関連の財産管理・相続事案に対し、専門家の数が足りていず、また司法書士などの法律の専門家がリーガルテックを利用して迅速に各地で対応しつつ、複雑な契約のリーガルチェックは中央で行うという、医療でいうと街の病院と、大学病院のような関係ができ、継続的な業界の教育と、さらにAI化に備える教育機会にもなる。業界への理想のソリューションが提供でき、開発チーム一同、嬉しく思っているということだ。

今回のスマートコントラクトも実装する、信託アドバイザリーシステムは、来月以降に開催される、コンサルティング会社主催の士業・金融機関向けセミナー等で、詳しい説明があり、相続関連に携わる、金融機関や全国の司法書士事務所等からの利用申し込みを受け付けるという。

Zweispace developed Trust Advisory System with legal tech partner in Japan, for financial industry. By Q&A style input, the system generates contracts meet the clients needs, and will deploy into blockchain. Most of the inhered asset involve real estate in Japan. Since ZWEISPACE operates AI real estate appraiser and AI Architect, it will provide one stop solution evaluating not just marketable securities but real estate as well. It’s partner law firms has tax lawyers who can advise not just acting as legal agent of trust contract for the clients family.  

Japan has about 7 million potential clients, and number of professional capable of drafting adequate trust contracts are limited. This new system will provide solution to that situation, and also offer continuous education opportunity to legal profession, to enhance their ability on more complicated domain, and AI and blockchain experience as well. Zweispace global development team feels really happy about this solution created, and the opportunity to work with experienced practitioner in this trust, inheritance and finance domain.

The system and demonstration will be provided at Seminars for Lawyers, consulting companies host in Tokyo and major cities across Japan.

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.