エンディング産業展2019

作島 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

"昭和7年に創業した作島は、具足、おりん、仏壇などの伝統工芸や荘厳仏具、神具の製造・修理を行っており、80年余りの業歴から培った職人技が、作島の誇りである。 "

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回のイベントでは、弊社の高い技術に裏打ちされた商品として、小さい仏壇やコンパクトなおりん、スタンド軸を展示しており、近年の家庭環境やお客様の二ーズに答えた商品として、多くの方に注文していただきたい。

他社との違いや今後の予定・目標

創業70年の寺院向け仏壇仏具の卸会社。その高い技術力は信頼されており、寺院から法具のお直しなど依頼されることも多い。最近のニーズに合わせて小さい仏壇やおりんなども手掛けており、5年ほど前から取り扱っているコンパクトなスタンド軸も人気だ。寺社とコラボした「がちゃ仏さま」など新しい試みにも積極的に取り組んでおり、総計7000点以上ある商品はワンストップで製造できるのが特徴。

作島
https://www.sakushima.co.jp/
  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.