エンディング産業展2019

ティアラ 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

ティアラ2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

ティアラティアラは、東京都練馬区で28年続くジュエリー加工メーカーだ。 そこで培われたダイヤモンドカットの技術を生かして、2016年にペット用の骨壷『Lien』を開発し、エンディング業界にも参入した。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回の展示会で打ち出しているペット用の骨壷シリーズ『Lien』は、従来の骨壷のような重い雰囲気からは離れたデザインに仕上がっている。 ダイヤモンドカット技術が施された装飾がキラキラと光る。手に持つと程よい重量感があり、滑らかな円形が手に馴染む。 満点の星空をデザインした完全球体の新作骨壷『Lien ~エトワール~ 』が、本展示会で初公開になる。

他社との違いや今後の予定・目標

ペット供養への関心が高まる昨今だが、ペットは人間よりも葬送のしがらみが少ないので、より自由に飼い主の希望に沿った供養の形を作ることが可能である。その中で、もともと葬送業界から離れていたジュエリーメーカーからの一風変わったアプローチは飼い主にとって魅力的に見えるのだろう。 「愛でる」仏具で、旅立ったペットと飼い主の新しい繋がり方を提案している。ティアラ

ティアラ
https://tiara-tokyo.co.jp/

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.