遺体冷蔵庫、遺体冷却装置・商材 企業紹介

株式会社 加藤萬製作所

投稿日:2019年6月7日 更新日:

企業紹介

 加藤萬製作所 サイトトップページ

東京都文京区の医療機器製品の製造・販売業者。

製造する遺体保存用冷蔵庫は、主に病院や官公庁用。1体用、2体用、4体用があり、外装、内装ともにオールステンレス製で清掃が楽。庫内蛍光灯・殺菌灯が標準装備され、オプションで拝顔窓・ダイノック仕様・オゾン発生装置・アラーム装置を取り付けることができる。

 

会社概要

社名 加藤萬製作所
代表者名加藤 高身
住所〒113-0033 東京都文京区本郷3-41-10
事業内容以下の機器等の製造販売
・感染症対策剖検システム・周辺機器
・解剖台
・ホルマリン中性緩衝固定液作成装置・無害廃液処理装置
・防腐処理装置
・エンバーミング用品・解剖器具
・防腐固定用注入液・フォルムアルデヒド中和剤
・SARS・バイオハザード対応遺体収納袋
創立-
資本金-
従業員数-

 

本社地図

 

 

製品例紹介

 

遺体貯蔵庫

カトマン遺体貯蔵庫は様々なユーザーのニーズに答えバリエーション豊富なラインナップとなっております。全国の官公庁・病院・大学を始め様々な場所でご遺体を大切に保管しております。

 

豊富なラインナップ

1体用を始め2~4体用まで対応しております。また、縦型・横型・ストレッチャーイン型などご希望に合わせて対応可能となります。

 

自動温度制御機構

庫内の温度制御および霜取り機能は全て自動制御で行えます。

 

和風にも対応

霊安室などに設置する際にも違和感なくご使用できます。

 

バリエーション豊富なオプション

庫内には標準として蛍光灯・殺菌灯が付属しております。
オプションとしまして拝顔窓・ダイノック仕様・オゾン発生装置・アラーム装置も取付け可能です。

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-遺体冷蔵庫、遺体冷却装置・商材, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.