セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

天龍源一郎が、発病と闘病の日々を独占告白!!「AERA dot.」での新連載に先駆け

投稿日:

新連載「天龍源一郎 70歳からのはっけよい!」は9月29日(日)から

株式会社朝日新聞出版

朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.」では、本日9月12日(木)12時に天龍源一郎さんの独占闘病記を公開しました。病気発覚から3度の入院生活、退院後の心境までを告白しています。
9月29日(日)から始まる新連載「天龍源一郎 70歳からのはっけよい!」では、3度の小脳梗塞からカムバックを果たした天龍源一郎さんが、2020年に迎える70歳という節目に向け、新たなチャレンジに意欲的に取り組む「これまで、そしてこれから」の姿を紹介していきます。

内容(本文から抜粋)
〇女房とランチを食べた帰り道に、突然立ち眩みがしてね。まっすぐ歩いているつもりなのに、なぜか身体が右のほうへと寄っていっちゃう。身体のバランスを保つことができなかった。

〇病院から、「すぐに来てください」と電話をもらって飛んで行ったら、MRIの画像を見た先生が、「天龍さん、すでに2回、脳梗塞になった痕跡がありますよ」だって。診断の結果は小脳梗塞。それで、即入院することになったんだ。

〇「自分は頑丈なんだ」という、うぬぼれもあったのかな。退院するときに先生から、「90日以内に再発する可能性が高い」とは伝えられていたけれど、「ああ、なんとか切り抜けたな」っていう程度にしか捉えていなかった。

〇娘から一冊のノートを渡されたんだ。「ちゃんと自分の言葉で遺言を残してください」ということだよ。そのノートを開いたら、自分でも驚くくらいたくさんの言葉が浮かんできてね。そのときに感じたことを、素直に綴ったよ。

〇もう、昔のようにはいかない。「俺が意識を変えないと、身体はついてきてくれない」っていうことだよね。自分の身体は壊れないものだと思っていたけれど、いたわってあげないと、いつかはほころびがくる。

連載タイトル:「天龍源一郎 70歳からのはっけよい!」
公開予定(第2・第4日曜日/7時公開)
「AERA dot.」https://dot.asahi.com/

9/12(木)12:00
【独占(1)】天龍源一郎告白「眼球が揺れてろれつが回らない」脳梗塞の自覚はなかった
https://dot.asahi.com/dot/2019090800023.html

【独占(2)】脳梗塞告白の天龍「オレは一生薬を飲み続ける。身体はいつかほころびがくる」
https://dot.asahi.com/dot/2019090800024.html

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.