業務提携・買収・新店オープン 葬祭ニュース

「邸宅型家族葬 「弔家の灯(とむりえのひ)」エポック・ジャパンが8月19日、宮崎市に「弔家の灯」3号店をオープン

投稿日:2017年8月14日 更新日:

”もうひとつの自宅”で、家族が寄り添い、大切な故人を見送る葬送のカタチ

家族葬のファミーユ
『家族葬のファミーユ』ブランドで全国規模の葬祭ネットワークを展開するエポック・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:中道 康彰)は、2017年8月19日に宮崎市霧島に「弔家の灯 霧島」をオープンいたします。

当社は2015年3月に「弔家の灯 宮崎駅東」、2016年8月には「弔家の灯 高松橋」をオープンいたしました。今回の出店により、宮崎市内では「弔家の灯」3店舗目となります。

”もうひとつの自宅空間”で大切な方を家族で弔い、その心の灯(ともしび)を温かく囲みながら見送る、という想いから「弔家の灯」と名付けられました。古くは主流だった自宅葬儀の温かさ、家族の語らいがある葬儀を現代風に多様化する価値観で見直しました。

 

 

 

 

 

【弔家の灯の特徴】
1.木の温もりを感じられる「空間
従来の葬祭ホールとは異なり、“和モダン”をコンセプトにした邸宅は、落ち着きのある空間と、生前と同じように自宅感覚で過ごす時間を演出いたします。また、1日1組限定の貸し切りのため、心ゆくまで故人様とのお別れの時間をお過ごしいただけます。形式的な儀式・儀礼にとらわれず、家族で過ごす時間そのものを付加価値とする、新しい見送りのスタイルを提供いたします。

開放感のあるエントランス

木の温もりを感じられるホール

​2.“オーダーメード型” 葬儀プラン
「弔家の灯」専属のスタッフが、ご家族のご希望を一つずつ伺いながら創り上げるオーダーメードのご葬儀プランです。お客様ごとのご要望に合わせて、その人らしい旅立ちのお手伝いをします。

3.宮崎の地元名産品の活用
お食事やお茶では伝統工芸の町である綾町の元町窯様とタイアップした、弔家の灯オリジナルの陶器を使用しています。名産品を積極的に取り上げることで、地域貢献にも繋げております。

オープニング内覧会
8月19日・20日には、オープニングイベントとして内覧会を開催いたします。ゆっくりご見学いただきたいと考え先着20組様限定の完全予約制にてご案内させて頂きます。 ご予約でご来館の方へのプレゼントとして『高級メロン』をご用意させていただいております。
ご希望の方は下記フリーダイヤルからご連絡くださいませ。
------------------------------------------------------------------
オープニング内覧会 概要
・開催日時:2017年8月19日(土)・20日(日) 9:00~17:00
・開催場所:弔家の灯 霧島
住所:宮崎県宮崎市霧島5丁目64番地
・ご予約・お問い合わせ先:0120-505-520
--------------------------------------------------------------------

弔家の灯霧島概要
・オープン日:2017年8月19日(土)
・住所:宮崎県宮崎市霧島5丁目64番地(平和台大橋近く)
・アクセス:宮崎自動車道宮崎IC 車で約20分
宮交バスのバス停「気象台前」から徒歩5分
・駐車場:9台(式場前)
・URL:http://www.tomurienohi.com/

<会社概要>
商号 :エポック・ジャパン
代表者:代表取締役 中道 康彰
所在地:〒108-0014
東京都港区芝四丁目5番10号 ユニゾ芝四丁目ビル7階
設立: 2000年7月4日
事業内容:葬儀葬祭に関する一切の業務
フランチャイズシステムによる葬儀葬祭事業の展開
資本金: 1億円
コーポレートサイト:http://www.epoch-japan.co.jp/
家族葬のファミーユ ブランドサイト:https://www.famille-kazokusou.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
企業名:エポック・ジャパン
担当者名:営業企画部 手塚
TEL:03-5427-6438

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-業務提携・買収・新店オープン, 葬祭ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.