その他 葬祭ニュース

【20年度に設計委託】京都府亀岡市に新火葬場整備

投稿日:

現代日本は火葬場不足が深刻になっています。たとえば亡くなってから火葬までに時間がかかっることも。

火葬を行うにあたって深刻化している問題が、火葬場の不足です。高齢化社会の進展で年間の死亡数が増える一方、火葬場の数は減少傾向にあります。厚生労働省によると、2015年の年間死者数は129万人にのぼり、今後も増加する見込みがあるようです。しかし実働している火葬場は、1980年代には全国に約1900箇所あったにもかかわらず、現在では約1500箇所まで減ってしまいました。この影響により、都市部では亡くなってから通夜まで1週間待ち、というケースも出てくるほどです。

引用元:埼玉・東京の安心葬儀社アイワセレモニー

そんな中、京都では2025年度の新火葬場の運用開始を目指しています。京都府亀岡市は、実施設計以降に「新火葬場整備事業」にPFI手法を導入します。

PFIとは、公共施設が必要な場合に、民間資金を利用して、民間に施設整備とサービスの提供をゆだねる手法のこと。2020年度に基本設計業務とPFIアドバイザリー業務を発注し、委託先を選定。21年度に事業者募集を開始し、選定するそうです。

ニュース元は以下の通りです。

6月に公表した基本計画では、「故郷の里山で故人を送る」を基本コンセプトに設定。施設内を移動する際にも光や風、緑、眺望など自然が魅せる表情を表現できる建築計画を目指す。仕上げ材には温かみのある自然素材を採用し、誰もが快適に利用できるユニバーサルデザインを導入する。

施設規模は延べ約2500㎡。火葬棟と待合棟、駐車場などの外構で構成し、火葬棟には人体炉4基、動物炉1基、告別・収骨室2室、霊安室1室(保冷庫2台)を設ける。駐車場は普通車37台、マイクロバス4台の収容を予定している。

実施設計以降はBTO(建設・譲渡・運営)方式のPFIを導入する。

概算事業費は、総額38億8558万4000円(税込み)。このうち、基本・実施設計が1億4448万4000円(同)、建設工事費が19億7800万円(同)、火葬炉整備費が3億2670万円(同)。

基本計画策定業務は東畑建築事務所が担当した。
建設地は余部町丸山。
現施設は1956年に稼働開始した。規模はS造平屋一部2階建て延べ405㎡。収骨室1室、待合室2室、火葬炉3基、駐車場がある。95年に火葬炉1基を増設したほか、00、01年に大規模改修工事、11年から14年にかけて機能更新工事を実施している。

引用元:https://www.kensetsunews.com/archives/384940

 

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-その他, 葬祭ニュース

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.