セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

「第 2・3 回 デジタル遺品セミナー&データ復旧見学会」開催!

投稿日:2018年7月6日 更新日:

デジタルデータソリューション

 デジタルデータソリューション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:熊谷聖司、以下デジタルデータソリューション)は、2018 年 7 月 19 日(木)と 7 月 26 日(木)の 2 日間、デジタル遺品研究会ルクシー(本社:東京都港区、代表理事:古田雄介、以下ルクシー)と日本デジタル終活協会(本社:東京都港区、代表理事:伊勢田篤史)との 3 社合同で、「デジタル遺品セミナー&データ復旧見学会」を開催いたします。

デジタルデータソリューションは、1999 年の創業以来、データ復旧サービスの「デジタルデータリカバリー(DDR)」を中核事業として展開しており、96.2%という高いデータ復旧率と世界最高水準の技術力で、11 年連続国内シェアNo.1 を獲得し、成長し続けて参りました。中でも近年、故人のスマートフォンやインターネット上に残された「デジタル遺品」に関する依頼が急増しており、正しい情報や知識を伝えていく必要があると考え、2018年5月には第1回目となる「デジタル遺品セミナー&データ復旧見学会」を実施いたしました。多角的な視点で正しい情報をお伝えすることができたセミナーとなり、参加者の満足度も高かったことから、この度、第2回・第3回という形で2日に渡って新たに実施する運びとなりました。

本セミナーは、「デジタル遺品」問題の研究をリードする「デジタル遺品研究会ルクシー」と「デジタル遺品」の概念の啓蒙・普及活動を行う「日本デジタル終活協会」との3社合同で行い、「デジタル遺品」「デジタル終活」の最新動向、データ復旧現場の最前線について解説いたします。

今後も、デジタルデータソリューションは、未だに明確な対策方法が確立していない「デジタル遺品」領域における情報を積極的に発信していくことで、一人でも多くのお客さまのデータトラブルを解決できるソリューションカンパニーを目指して参ります。

■「デジタル遺品セミナー&データ復旧見学会」概要
日時   :2018年7月19日(木) 13:00~16:30/7月26日(木) 13:00~16:30
場所   :デジタルデータソリューション本社(東京都中央区銀座7-13-12 サクセス銀座7ビル)
登壇者:デジタルデータソリューション 代表取締役社長  熊谷聖司
デジタル遺品研究会ルクシー 代表理事  古田雄介
日本デジタル終活協会 代表理事 弁護士・公認会計士 伊勢田篤史
参加費:1万円(税込み)
参加数:各日先着6名様
※本セミナーへの参加・ご取材を希望の方は、デジタルデータソリューションPR事務局までご連絡ください。

■デジタル遺品研究会ルクシー 概要

名称        :デジタル遺品研究会ルクシー
役員        :代表理事  古田雄介
所在地     :〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1
新青山ビルB1階 データサルベージ社内
設立        :2016年8月8日

■日本デジタル終活協会 概要

名称        :任意団体 日本デジタル終活協会(JDEAI)
役員        :代表理事  弁護士・公認会計士 伊勢田篤史
所在地     :〒105ー0001 東京都港区虎ノ門1丁目16番4号
アーバン虎ノ門ビル4階 (弁護士法人L&A内)
設立        :2016年1月1日

■デジタルデータソリューション 会社概要
会社名    :デジタルデータソリューション
代表者    :代表取締役社長 熊谷 聖司
所在地    :〒104-0061東京都中央区銀座7-13-12 サクセス銀座7ビル5F/6F
設立       :1999年6月14日
資本金    :7000万
従業員数 :120名(2018年4月 現在)
事業内容 :データ復旧事業、データフォレンジック事業、データワランティ事業、データバックアップ事業
デジタルデータソリューションは、1999年の創業以来、デジタルデータに関するあらゆる問題に対して、世界最高水準の技術力を持って解決する、11年連続国内シェアNo.1のデータ復旧サービスを提供しております。ビジョンに掲げる「世界シェアNo.1」を実現するため、データフォレンジック事業、データワランティ事業、データバックアップ事業などの新規事業を展開し、変化の激しいデジタルデータ業界において、新たな技術を研究・開発し、より高度なサービスで世の中の困っているお客様を助けることができるよう邁進してまいります。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.