サービス 葬祭ニュース

増え続けるデジタル遺品の現状と対応。 日本PCサービスがシンポジウムで講演します。

投稿日:2017年3月1日 更新日:

日本PCサービス

デジタル遺品研究会ルクシーと日本デジタル終活協会が開催する、「デジタル遺品」にまつわる現場の声やこれからの課題を探るシンポジウムにて、当社スタッフが「デジタル遺品サポートサービス」について講演いたします。

<第一回 「デジタル遺品を考えるシンポジウム」>

■日時:3月4日(土)14:00~18:00(開場13:30)

■対象:デジタル遺品に関わるお仕事をされている方 (一般参加も可能)

■定員:50名まで

■参加費:2000円

■申し込み方法:Facebookページのイベントページで参加表明していただくか、主催者さま宛にDMやメールを送付

【開催場所:アクセア半蔵門貸会議室(第1貸会議室)】

住所:〒102-0092 東京都千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル5F

TEL:03-3556-6330(受付時間平日 9:00~20:00)

●東京メトロ半蔵門線【半蔵門駅】1番出口より徒歩約1分

●東京メトロ有楽町線【麹町駅】より徒歩約8分

▼デジタル遺品とは

パソコン、スマートフォン、デジタル機器の幅広い世代への普及に伴い、遺品の中には様々なデジタル遺品が存在しています。

これらの機器には故人の思い出となる画像データの他に、クレジットカードなどの重要な情報、SNSなどのアカウント情報、また本人以外の個人情報なども記憶されていることが多く、放置すると情報が外部へ流出し、悪意ある第三者に利用される可能性もあることから、早期の段階で適正な処理によるデータの取出しや削除などの処理が重要になります。

▼主な相談や依頼

・パソコンに保存していた思い出の写真を取り出したい

・パソコンで登録していた有料の会員サービスや株取引を停止したい

・亡くなった方のパソコンを初期化して、パソコンを使用したい など

▼当社サービスについて

当社が提供する「ドクター・ホームネット」では、デジタル機器に関する様々なトラブルを「訪問」、「店舗への持込み」、「宅配」など、高い技術力を持つスタッフがお客様のご要望に合わせて対応するため、ご遺族の負担を大幅に軽減することができます。

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.