遺品整理 企業紹介

テック(町田塗料株式会社)

投稿日:

企業紹介

TEC(テック) サイトトップページ

平成18年設立の町田塗料が運営する遺品整理・特殊清掃サービス。

東京都町田市を拠点に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県と広範囲に対応している。

年中無休・24 時間体制で急な遺品整理の要請にも対応。異臭などで緊急を要する時は、夜中でも駆け付ける。事件現場特殊清掃士、特定遺品整理士など資格を持つ経験豊富なスタッフが在籍している。

 

会社概要

社名テック(町田塗料)
代表者名小笠原 智之
住所東京都町田市原町田2-5-4 三光ビル1F
事業内容遺品整理、生前整理・査定、ゴミ屋敷清掃、特殊清掃、一般清掃、遺品買取、引っ越し及び前後清掃、リフォーム全般、外部(庭など)清掃、産業廃棄物処分
創立平成18年3月
資本金
従業員数

 

本社地図

 

 

サービス紹介

 

遺品整理

基本料金は1Kで38,000円から。オプションで遺品の供養、ハウスクリーニング、形見品の配送、代理行政手続きも対応可能。

サービスの流れは、問合せ→見積り日程の相談→訪問見積り・買取査定→申し込み→作業実施・簡易清掃→最終確認。遠方で立ち合いが難しい場合は、カギを預かってからの見積り・作業となり、最終確認は写真をメールまたは郵送する。

秘密厳守を約束しており、使用する処分袋は中身が見えない物を使用している。

 

生前整理

生前整理は自身のもしもの時のために、長年貯めてきたものや不要なものを整理し、自分の死後と向き合い、遺された人々に託す準備をすること。生前整理をしておけば、自分で財産や持ち物の価値をしっかりと把握することができるので、自分の死後に残された家族が、相続問題などのトラブルで苦労することも少なくなる。

老人ホームや施設への入所、病院に近いマンションへ引っ越すなど、新しい生活を始める際にも利用できる。

基本料金は遺品整理と同じ。掛軸、着物、骨董、食器など価値のあるものは正確に査定し買取りをすることも可能。

 

特殊清掃

特殊清掃とは、主に事件、事故、自殺、孤独死があった部屋の中、お風呂やトイレ、地下室など様々な場所の清掃、消臭、片づけを行うこと。血液や体液の処理から部屋の腐敗臭の除去まで積み重ねてきた技術で対応する。

「近所に迷惑がかかるので悪臭を一刻も早く止めたい」というとき、現場の状況確認ができなくてもスタッフが特殊清掃の装備と一緒に訪問し、状況を把握した上で明瞭な見積りを行うことが可能で、希望があれば見積り後すぐに作業に取り掛かることもできる。

●特殊清掃の作業内容と基本料金は以下の通り

消臭剤・除菌剤の散布10,000 円~床上特殊清掃50,000円~
浴室特殊清掃50,000円~オゾン脱臭30,000円~
害虫駆除30,000円~リフォーム別途御見積

使用する薬剤は、高い殺菌消臭力にも関わらず、無臭・アレルギー性無し・万が一、口に入ってしまっても大丈夫、なほど安全なものを使用。近隣への配慮も万全。

 

粗大ごみ処分

遺品整理や、家の片づけ、家具や家電の買い替え時に出る粗大ごみや不用品を一つ一つをしっかりと見極め、リユース(再利用)出来るもの、リサイクル(再資源化)出来るものを分別し、丁寧に査定する。買取可能なものは買取りをし、その他は適正処分する。行政に依頼する時間の都合や手間をかけたくない場合に、便利で経済的に素早く処理できる。

 

リフォーム

特殊清掃を行う際、最終着地点は他の人が支障なくその部屋や場所を利用できるように行われる原状復帰の作業全般を指し、多くの場合リフォームが必要となる。自社でリフォーム工事を請け負っているので、特殊清掃人とリフォーム業者が異なることによる業者間の現場情報の伝達間違いなどがなく、安心して利用できる。

リフォームの内容は、水回り、リビングの全面改装、床・フローリング、 壁紙、塗装、網戸張替・交換、外装工事、屋根の修理・修繕、屋根・外壁の塗装、雨樋の修理・清掃など。

 

東京都での遺品整理についてはこちらもご覧ください
遺品整理業者を比較【東京編】

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-遺品整理, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.