業務提携・買収・新店オープン 葬祭ニュース

創業88年・株式会社はせがわによる新ブランド 2017年3月10日(金)「トレッサ横浜」に1号店がオープン 『こころのアトリエ はせがわ』

投稿日:2017年3月1日 更新日:

はせがわ

はせがわ(所在地:東京都文京区)は、「アイラブユーは、かたちにできる」をテーマにした新ブランド『こころのアトリエ』の1号店を「トレッサ横浜」にオープンすることをお知らせします。
はせがわの新ブランド『こころのアトリエ』は、「アイラブユーは、かたちにできる」をテーマに、日常の「祈り、願い」そして「供養」の新しいライフスタイルを提案する店舗です。創業以来88年にわたって「供養」についてサポートしてきた、当社ならではの新業態、そして業界初の試みとなります。
大切にし、誇りにしつづけるひとへの万感の想い。それが供養という祈りだとしたら、供養とは、このうえなく澄んだ、究極のアイラブユーです。そしてそれは、目に見えるものとしてかたちにでき、そのかたちが集まってアトリエを構成している。というメッセージを、こめています。

こころのアトリエ店内
こころのアトリエ店内

■『こころのアトリエ』とは
核家族化や少子化といったライフスタイルの変化により、供養に関する知識や経験がなく、仏壇・仏具とは縁のない方も増えています。しかし、供養のかたちは変わっても、大切な家族を想う祈りの気持ちは変わらない、と私たちは考えています。また、初詣などの季節の行事、合格祈願や安産祈願などライフステージに合わせたイベント事に対する願いや、恋愛成就やご朱印集めといった日常的な願いまで、“祈り”の習慣や体験を求める気持ちは昔も今も変わらないのではないでしょうか。
『こころのアトリエ』では、“供養とは究極のアイラブユーである”との思いから、「アイラブユーは、かたちにできる」をテーマに、多種多様な“祈り”に対して適切なサポートをする情報発信基地の役割を担うと共に、自分自身や大切な人に対する“祈りや願い”をより身近に感じていただけるライフスタイルを提案してまいります。

■『こころのアトリエ・トレッサ横浜店』
店舗ではライフスタイルに合わせた仏壇やモダンな神棚、「ペットのご供養」グッズ、「恋愛成就」「安産祈願」など“祈りや願い”をサポートする雑貨や供養品を約1,000点展開いたします。ファサードは、SCでも違和感なくなじみ、明るく親しみやすい雰囲気。「こころのアトリエ コンシェルジュ」が常駐し、一人ひとりの“祈りや願い”に対するニーズにあわせてトータルサポートいたします。これまでの「はせがわ」の店舗は、駅から少し離れたロードサイドに位置しており、目的買いのお客様のご来店がほとんどでした。今回の『こころのアトリエ』は、商業施設内に出店し、ファミリーやカップルが気軽にご来店いただけるような商品ラインナップと店舗デザインにいたしました。

■お墓・仏壇業界事情
当社のお墓に関する意識調査(2014年12月)によると、お墓に関して「承継者がいない」「お墓の手入れが行き届かない」「管理費が高い」など何らかの不安・心配事があげられ、その傾向は都市部で多くみられました。
お墓を建てるにあたっての新たなトレンドとして、両家を一つにまとめたり、気の合う女性同士で建てたり、墓碑も「〇〇家」ではなく「ありがとう」などの言葉を記すなど、伝統的な形式にとらわれないお墓が増えています。
一方仏壇も、マンションや和室のない住居に合わせたデザインの需要が増加。当社と「カリモク家具」とで共同開発したSOLID BOARD JUSTは、「ナチュラルでぬくもりのある素材と、リビングルームに調和するデザイン」をコンセプトにしたコンパクトデザインの仏壇で、2015年の販売以来、約3,200点を販売する人気商品となっています。このように伝統的な形式と現代のライフスタイルのギャップを埋める商品やサービスは業界全体で今後も拡大する見込みです。

■こころのアトリエ・トレッサ横浜店 概要
<オープン日>
2017年3月10日(金)
【オープン記念特典】
税抜1,500円以上お買い上げの先着500名様に、開運ミニだるまを進呈。(身長約4.5cm)

<店舗面積>
約100.42m2

<商品展開数>
約1,000点 (雑貨約800点、供養品約200点)

<商品カテゴリー>
・縁起もの(だるま、招き猫など、可愛くて幸運をもたらしてくれるラッキーアイテムたち)
・神棚、神具(ちいさな神棚、盛り塩など、神さまを身近に感じながら暮らすアイテム)
・祈りの空間(自分のため、大切な人のため、お部屋に小さなパワースポットをつくる新提案)
・香り、灯り(ちょっと癒されるお香、なんとなく心が和むキャンドルなど、香りや灯りの楽しみ方のご提案)
・仏壇、仏具(大切な人のために、リビングルームに合うお仏壇や、素敵なデザインの仏具)
・ペット供養(ペットも大切な家族だから、大切にご供養してあげるための新提案)

<商品例>
https://www.atpress.ne.jp/releases/123135/img_123135_4.jpg

<所在地>
神奈川県横浜市港北区師岡町700番地 トレッサ横浜 南棟2階
http://www.tressa-yokohama.jp/

<こころのアトリエ コンシェルジュ>
供養(仏壇・お墓・お葬式)のご相談、贈る相手や目的に合わせたギフト選び、「祈りや願い」のアイテムご紹介などを承ります。

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-業務提携・買収・新店オープン, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.