アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

平成最後の結果発表、お墓購入とお墓参りの大規模実態分析~全優石「2018年版 お墓購入者アンケート調査」

投稿日:2018年7月25日 更新日:

全国優良石材店の会

供養の心とお墓を大切にする社会の形成のため活動する、全国約300社の優良石材店グループ「 全国優良石材店の会」(事務局・東京都品川区、会長・吉田剛、URL・http://www.zenyuseki.or.jp/、以下全優石)が実施した、「2018年お墓購入者アンケート調査」の結果がまとまりました。2004年から毎年春に実施し、平成最後の結果発表となった今回の調査では、伝統的な「和型」の構成比が引き続き縮小し、2015年に「和型」を逆転して以降、堅調に推移していた「洋型」が5年ぶりに前年比割れする一方、「デザイン墓」が急伸し、お墓づくりの新たな潮流を予感させる結果となりました。調査結果の主なポイントは以下の通りです。 

※調査結果の詳細をご希望の方は、全優石事務局にご連絡ください。
TEL:03-5423-4014 / E-Mail:zenyuseki@triton.ocn.ne.jp

  • 「お墓の形」は、伝統的な「和型」がついに構成比1/3に、「デザイン墓」はシェアアップの兆し

・和型の縮小傾向に歯止めがかからず35.2%(前回37.6%)、洋型は43.7%(同44.1%)で5年ぶりに前年比を下回ったのに対し、デザイン墓は16.2%(同13.4%)、例年の12~13%台から大幅に伸長しました。
・2009年からの推移は、和型は51.0%から15.8%減と低落傾向が続き、洋型は30.4%から13.3%増ですが今期は足踏み、デザイン墓はこれまで12~13%で推移するなか、今期は一気に16%台まで上昇しました。
・平均購入価格は、全体平均162.7万円に対し、和型165.2万円、洋型160.5万円、デザイン166.5万円。

  • 「墓石の購入価格*」全国平均は162.7万円、地域別は九州が3年連続トップの190.2万円

・今回の全国平均162.7万円は、前回167.3万円(△4.6万円)、前々回170.4%(△7.7万円)から減少傾向。
・地域別では、最も高いのは3年連続九州で190.2万円、次いで1都3県**182.7万円、関東176.8万円の順。逆に低いのは東北138.8万円、北海道141.1万円となりました。九州と東北の差は51.4万円です。
*墓地取得費用を除く(地域によっては含まれる場合もございます)。
**東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県。

  • 「墓石選びの重視点」は「石の色」「材質」次いで「価格」。「見た目」「価格」重視派が主流に

・全国では「石の色」がトップ。次いで「石の材質」と“石そのものの見た目”が上位を占め、これに「価格の手頃さ」「アフターサービス」が続きました。この傾向は4年間ほぼ変わっていません。

<調査の目的と概要>
実際にお墓を購入した人の実態や意識などを知る目的で、2018年3月1日(木)~5月31日(木)の間に、全優石認定の全国の石材店で実際にお墓を購入した人を対象に、郵送法(郵便による自記式調査)で実施したものです。2004年から毎年春に実施しており、今回の有効回答数は2,437サンプル(昨年2,423サンプル)。お墓購入者の実態や意識を知る上で最大規模の調査として、調査結果のデータは例年、金融機関などから要請を受けて提供し、活用されています。15回目を迎える今回は、平成最後の結果発表となります。

<調査実施概要>
•  調査期間      2018年3月1日(木)~5月31日(木)
•  調査方法      応募はがきによる自記式調査
•  調査地域      全国
•  調査対象      上記調査期間中に、全優石認定店で墓石をご契約の方
•  有効回収数   2,437サンプル(前年2,423サンプル)

※調査結果の詳細をご希望の方は、全優石事務局にご連絡ください
TEL:03-5423-4014 / E-Mail:zenyuseki@triton.ocn.ne.jp

  •   全国優良石材店の会(全優石)について

全優石は、全国の優良石材店約300社で組織されている墓石業の専門店グループです。消費者が一生に一度のお墓づくりの際に「安心して頼める店づくり」を目途に、1983年に創設されました。以来、お墓づくりを「心の福祉産業」として、供養の心とお墓を大切にする“お墓大切社会”をめざし、さまざまな活動を展開しています。一般の消費者に向けては、お客様のお墓を石材店と全優石がダブルでお守りする全国で唯一の『ダブル保証書』発行や、『お墓講座』の開催、お墓に関するご相談(建墓、改葬、墓じまい、空き墓地情報等)をお受けするフリーダイヤルサービスなどを行っております。また、社会的課題への取組みとして、会員石材店を通じた「みどりの募金活動」、2011年12月からは、東日本大震災による津波のおそろしさと教訓を残すための石碑「津波記憶石」を、被災地の想いを受けて全優石が各自治体に建立寄贈する「津波記憶石プロジェクト」を展開しています。

・全優石ホームページ: http://www.zenyuseki.or.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.