葬具・商品 葬祭ニュース

約400年の歴史を持つ富山県高岡市の伝統工芸「高岡銅器」とコラボレーションした手元供養商品の新シリーズ ソウルプチポット「kanata カナタ」が新登場 4月1日(土)から販売開始

投稿日:2017年3月31日 更新日:

メモリアルアートの大野屋
仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)は、遺骨の一部や、大切な想い出の品を納めて身近に置くことができる「ソウル プチポット」の新商品として、富山県高岡市の伝統工芸「高岡銅器」とコラボレートした「kanata カナタ」(全4種)を開発。大野屋オンラインストア(http://www.mao-online.com/fs/temoto/09-60-810)や直営店舗、ソウルシリーズを取り扱う全国の葬儀社、仏壇店、石材店にて2017年4月1日(土)から販売いたします。

【約400年の伝統に培われた伝統工芸「高岡銅器」の高い工芸価値】
「kanata カナタ」は、高度な鋳造技術を誇る富山県高岡市で約400年続く伝統工芸「高岡銅器」とコラボレーションしたソウルプチポットです。「高岡銅器」の伝統的な技法である、古くから花器・香炉・茶道具などの金属工芸品に用いられてきた酸化液による発色仕上げを採用し、酸化液と炎をコントロールしながら職人が手作業で一つ一つ発色させ素材の色と風合いを引き出すことで、シンプルでありながら重厚な趣のある逸品に仕上げました。

「kanata カナタ」「kanata カナタ」

小さい器ながら、大きめの口径でゆとりある収納スペースを確保しています。また、倒れにくく重厚感のある安定した形状と、しっかりと締まる精巧なネジ式の蓋で大切な想いをお守りしますので、安心してご使用いただくことができます。ソウル プチポット「kanata カナタ」は、長い歴史の中で培われた伝統工芸品としての高い価値に加え、温もりや趣きと共に、大切な方と思い出をお守りします。

【手元供養商品への関心の高まり】
大野屋では、遺骨や遺灰の一部を収納し、身近に置いて供養するオリジナル商品を2010年から本格的に企画開発・販売しています。2015年4月1日からは、手元供養商品をカテゴリー別に「Soul Jewelry(ソウル ジュエリー)」、「Soul Petit Pot(ソウル プチポット)」、「Soul Stage(ソウル ステージ)」の3ブランドからなる「Soul(ソウル)シリーズ」として展開しており(ブランドサイト:http://www.souljewelry.jp/)、直営店やオンラインストアでの販売に加え、全国の葬儀社、石材店、仏壇店に卸販売を行っております。売り上げは年々順調に推移しており、消費者からの関心の高まりが伺えます。デザイン性の高いSoulシリーズは評価が高く、過去3度の「グッドデザイン賞」を受賞しています。

― 商 品 概 要 ―
【商 品 名】 kanata カナタ
【発 売 日】 2017年4月1日より販売開始
【価    格】 28,000円(税抜)
【種    類】 全4種(青銅色/純銀色/茶褐色/黒染色)
【素    材】 真鍮
【付 属 品】 納骨袋
【サ  イ  ズ】 高さ4cm 直径5cm 口径3.8cm 深さ2.8cm 
【重    量】 220g

【販売窓口】
◎大野屋オンラインストア(http://www.mao-online.com/
◎メモリアルアートの大野屋Web Shop
 本店(http://ohnoya-WebShop.com/
 楽天市場店(http://www.rakuten.ne.jp/gold/mgohnoya/
 Yahoo!店(http://store.shopping.yahoo.co.jp/mgohnoya/
◎大野屋メモリアルギャラリー国分寺(TEL:0120-25-4411)
◎大野屋メモリアルギャラリー千葉(TEL:0120-06-3022)
◎メモリアルアートの大野屋 関西支社(TEL:0120-30-7777)
◎メモリアルアートの大野屋 京都営業所 (TEL:0120-31-7777)
◎大野屋商品取り扱い葬儀社・仏壇店・石材店

【ショールーム】
◎メモリアルアートの大野屋 新宿ショールーム(TEL:0120-02-8888) 
 新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル38F 本社オフィス内

【お問合せ】 大野屋テレホンセンターTEL:0120-02-8888
【メモリアルアートの大野屋HP】 http://www.ohnoya.co.jp
【メモリアルアートの大野屋Facebook】 http://www.facebook.com/ohnoya
【ソウルシリーズ ブランドサイト】 http://www.souljewelry.jp/soul_Jewelry/

===================================================
メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来78年にわたり、
お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。
ホームページ http://www.ohnoya.co.jp/
フェイスブック http://www.facebook.com/ohnoya
===================================================

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.