セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

今年も開催!いきいきシニアが集う「第四回高島平ダンスホール」が3月31日に開催決定!

投稿日:2018年1月23日 更新日:

終活セミナー及び相談会の企画運営から、高齢者の身元保証、シニア向け相談室の運営まで高齢者事業を幅広く手掛ける、終活コンシェルジュ(所在地:東京都新宿区、代表理事:斉藤 進)では、高齢者に充実した時間を提供し、社交ダンスを通じて健康寿命を延ばし、地域コミュニケーションの場として、社交ダンスパーティー「第四回高島平ダンスホール」を開催致します。
報道関係各位
2018年1月23日(火)
終活コンシェルジュ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
終活セミナー及び相談会の企画運営から、高齢者の身元保証、シニア向け相談室の運営まで高齢者事業を幅広く手掛ける、終活コンシェルジュ(所在地:東京都新宿区、代表理事:斉藤 進)では、高齢者に充実した時間を提供し、社交ダンスを通じて健康寿命を延ばし、地域コミュニケーションの場として、社交ダンスパーティー「第四回高島平ダンスホール」を開催致します。

平成28年2月13日に開催された「第一回高島平ダンスホール」の様子(左)
平成28年10月8日に開催された「第二回高島平ダンスホール」の様子(右)

平成29年6月10日に開催された「第三回高島平ダンスホール」の様子

高島平ダンスホールの開催について
高度経済成長期に建てられた、東京都板橋区にある高島平団地には、多くの団塊の世代の方々が今も暮らしており、若いころに触れた映画・音楽・社交場など、同じ時代を過ごした思い出を懐かしんで頂き、シニアの皆さまの様々な活動のきっかけづくりになればと思い、「高島平ダンスホール」と称して社交ダンスパーティーを開催致しました。
2016年2月・10月、2017年6月と3回開催し、その参加者の方々のご縁から、地域で活動されている社交ダンスサークルや、板橋区老人会でのダンスパーティー、アマチュアダンス競技会にフォーメーションで参加するシニアサークル等、多くの社交ダンスの機会があることと、それに参加する方々がとても多いことを改めて知ることが出来ました。
また、参加頂いた多くの方から次の機会を楽しみにする声を頂き、ダンスを通じて健康寿命を延ばすことはもちろんのこと、「趣味」を通じた「人とのつながり」をもつことが、充実した生活を送る為には必要であると考え、シニアが気軽に参加できるイベントとして、高島平ダンスホールを継続して開催しております。

■踊活(とうかつ)とは
高齢者の方々が「き活きすること」で、充実した老後を過ごして頂くとともに、健康寿命を延ばす事にも繋がります。また、地域交流の場としても活用し、単身高齢者、言わば「おひとり様」に知人・友人をつくるきっかけとし、安心して暮らせる・顔なじみがいる環境になればと考えております。
現在、「高島平踊活会」と称して毎月高島平区民館で、競技者でもある曙橋さくらダンスの飯田満之プロと松浦茜プロをお招きし、ブランクがある方やこれから始めたい方向けの初級者コースと、もっとうまくなりたい経験者の方向けの中級者コースを、1時間500円からというリーズナブルなレッスン料で参加できるよう開催しております。
終活コンシェルジュでは、社交ダンスを身近な場所で気軽に触れられるよう、先生方にもご協力頂きこのような機会提供を行っております。

毎月開催している「高島平踊活会」の風景

■高齢者参加型イベントを行う背景
私たち終活コンシェルジュは「4人に1人が65歳以上の高齢者」と超高齢化社会の日本の中でも、10年先を行くと言われている、東京都板橋区高島平の高度経済成長期に建てられた「高島平団地」内に「終活コンシェルジュ高島平なんでも相談室」を設け、日々高齢者と接しております。
※活動日誌が読めるなんでも相談室ブログはこちら
http://nandemocafe.blog.fc2.com/

高齢化が進むにつれ、高齢単身者の所謂「おひとり様」は増加傾向にあり、地域・人との交流も減る為、引きこもる方が多くなっていると言われております。

そうした、引きこもるお年寄りを1人でも減らし、元気なお年寄りを外に出る機会を地域に作る必要があると考え、終活コンシェルジュがシニア向けに提供してきた過去のイベントの経験から、「運動不足を解消し、みんなで楽しく踊る」機会を提供し、「引きこもるお年寄りを1人でも減らし、ダンスを通じて健康寿命を延ばす」取組みができればと思いスタートし、このような多くの高齢者が楽しく参加できるイベントを行っております。

■終活コンシェルジュの想い
現在、巷では「終活」の認知も進んでおりますが、終活を「人生の終末や死別後に備えた事前準備」とだけで捉えるのではなく、「介護や生活における身の回りの相談等、老後の生活に関する問題」から「老後をより自分らしく、有意義に過ごす為の活動」まで解決することが本来の「終活」だと考えており、当団体では「生きているうちに、どう有意義な生活を送る為に関われるか」を主眼とし、現状の高齢者の動向を調査し、より良い生活を送って頂けるような提案ができればと考えております。

■ダンス講師の方々との協力関係

高島平ダンスホールは、「踊活」の講師でもある公益 日本ダンス議会(JDC)プロ競技者である、曙橋さくらダンスの飯田満之プロと松浦茜プロに参加頂き、高齢者の方々に有意義な時間を提供する趣旨にご賛同頂き、今回のイベントのプロデュースにも携わって頂いております。

【開催概要(予定)
イベント名:シニア向けダンスイベント「第四回高島平ダンスホール」
日時:2018年3月31日(土)開場12時 開演12時半~15時半
会場:高島平区民館3F大ホール
定員:150名
参加費:1,500円(飲み物・おつまみ付)
お申込み方法:下記にお電話ください
0120-108-251(平日10~18時)

【 終活コンシェルジュについて】
本部:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-13-11-201
代表者:代表理事 斉藤進
設立:2012年10月31日
Tel:03-6276-8097
Fax:03-6276-8125
URL:http://www.shukatsu.or.jp/
事業内容:終活相談業務全般、高齢者身元保証事業、終活全般のセミナー及び相談会の企画運営、高齢者パネルへのマーケティング支援

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.