その他 葬祭ニュース

大阪中が笑った!興収15億円の大ヒット作がついに登場!映画「後妻業の女」地上波初放送!

投稿日:2018年4月25日 更新日:

5/12(土)夜6時59分からテレビ大阪にて放送! あなたの愛とお金、狙われてませんか―?close

5/18(金)公開映画「のみとり侍」の監督鶴橋康夫がメガホンをとり、資産を持つ独身男性の後妻に入り財産を奪う「後妻業」を生業とする女の姿を描いた愛とお金の人間喜劇!!

大竹しのぶ 豊川悦司

大竹しのぶ 豊川悦司

婚活大国 ニッポン!今、日本は世界でも類を見ない婚活ブーム。
一方で、未婚の中高年男性も急増しており、そんな世相を背景に結婚相談所で効率よく相手を見つけ、資産を狙って結婚詐欺を働く犯罪が“後妻業”。

原作は、直木賞作家・黒川博行氏の受賞後第一作目である小説「後妻業」。
メガホンをとったのは、ドラマ界で数々の賞を受賞した社会派作品の名匠・鶴橋康夫監督。
主人公小夜子を演じるのは、映画・演劇界で数々の賞を受賞、日本代表する名女優・大竹しのぶ 。

大竹しのぶ

大竹しのぶ

小夜子と共に独り身の老人達を騙していく結婚相談所所長柏木役に、様々な役柄を演じ、日本映画界で唯一無二の存在感を放つ豊川悦司。
小夜子と柏木を追い詰める探偵を永瀬正敏 、父を殺されたと疑い探偵に調査依頼する中瀬朋美を尾野真千子が演じます。さらに、小夜子の次のターゲットとして狙う不動産屋の隠居舟山喜春に笑福亭鶴瓶。小夜子の息子博司役に風間俊介、朋美の父中瀬耕造に津川雅彦、その他、被害に合ったとされる元夫を森本レオ、六平直政、伊武雅刀、その他泉谷しげる、柄本明など演技派且つ個性的な超豪華役者陣が脇を固めます。

大竹しのぶ 伊武雅刀

大竹しのぶ 伊武雅刀

結婚相談所主催のパーティで淑女然として老人たちに語る小夜子(大竹しのぶ)。その魅力に80歳になる中瀬耕造(津川雅彦)は惹かれ、結婚。幸せ夫婦生活を送るはず、だった―――。

大竹しのぶ 津川雅彦

大竹しのぶ 津川雅彦

2年後、耕造は亡くなり娘の中瀬朋美(尾野真千子)は姉の西木尚子(長谷川京子)と病院に行くと小夜子から法外な葬式費用を要求される。
激昂する朋美だが、小夜子から法的効力のある遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。

豪華キャスト

豪華キャスト

なんと小夜子は、金持ち老人を色香で虜にし後妻に入って金品を巻き上げる“後妻業の女”だった!!
その背後には結婚相談所所長柏木亨(豊川悦司)の影があった。
次から次へと“後妻業”を繰り返してきた小夜子と柏木、2人の悪事を暴こうとする朋美と調査に協力する私立探偵の本多芳則(永瀬正敏)、小夜子の次のターゲットとされる舟山喜春(笑福亭鶴瓶)、そして彼らを取り巻くひと癖もふた癖もある人々・・・。

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-その他, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.