「遺贈寄付」への関心に応え、NPOがサポート体制強化。 ~ピースウィンズ・ジャパン~

三井住友信託銀行渋谷支店・渋谷中央支店 支店長の波多野勉様(左)とピースウィンズ代表理事の大西健丞(右)

さまざまな支援活動をおこなう認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンは、遺贈寄付への関心の高まりを受け、三井住友信託銀行株式会社との「遺贈希望者に対する遺言信託業務の紹介に関する協定書」締結を発表しました。遺贈寄付の普及・発展に向けた取り組みのようです。

目次

ピースウィンズが三井住友信託銀行と協定を締結。

ピースウィンズ・ジャパン

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンは、三井住友信託銀行株式会社と2023年1月11日に「遺贈希望者に対する遺言信託業務の紹介に関する協定書」を締結しました。

「遺贈寄付」への関心が高まっている今、ピースウィンズへの「遺贈寄付」の件数も、2020年度の3件から、2021年度は14件、2022年度も現在までに10件以上と急増しています(※)。今回の協定では、増加するお問合せ・ご相談へのサポート体制の強化を目指します。 (※)遺言執行、相続財産からの寄付、お香典からの寄付の合計。

三井住友信託銀行渋谷支店・渋谷中央支店 支店長の波多野勉様(左)とピースウィンズ代表理事の大西健丞(右)
三井住友信託銀行渋谷支店・渋谷中央支店 支店長の波多野勉様(左)とピースウィンズ代表理事の大西健丞(右)


今回の協定により、ピースウィンズは、「遺贈寄付に関心があるけれども、遺言書作成などを誰に頼んでいいかわからない」という方に対して、全国にネットワークを持ち、国内唯一の専業信託銀行である三井住友信託銀行株式会社(※)を紹介でき、その準備をより手厚くサポートできるようになりました。
(※)2021/9末時点、資産運用残高127兆円、資産管理残高244兆円(どちらも国内金融機関第1位)

ピースウィンズは、これからも丁寧、誠実に「遺贈寄付」のご相談にこたえ、より良い未来にむけて自分の想いを託したいと願う方々と支援の現場をつなぎ、「遺贈寄付」の普及・発展と、様々な社会課題の解決のために取り組んでまいります。

●遺贈寄付とは……
ご遺産・相続財産の一部を、応援したい団体や事業に寄付をする仕組みです。自分の亡くなった後に少額からでも寄付をすることができ、いま「人生最後の社会貢献」「自分らしい『終活』のかたち」として、また、地域間や次世代への資金循環につながる手段などとして、注目を集めています。
遺贈寄付の方法としては、遺言書を作成しておくことが一般的で、もっとも確実です。受遺団体の取り組みとともに、相談できる専門家、金融機関などのサポートが求められています。

ピースウィンズ ・ジャパン


●特定非営利活動法人(認定NPO法人)ピースウィンズ・ジャパンについて
ピースウィンズ ・ジャパンは、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困などによる危機にさらされた人びとを支援するNPOで、1996年に設立され、これまで世界36カ国・地域で活動してきました。国内でも緊急災害支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や、地域活性化、犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などに取り組んでいます。年間総事業費約43億円、スタッフ453人(2022年1月末現在)。

URL:https://peace-winds.org

PR TIMESより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!

カテゴリ最新記事

人気のキーワード

Twitterのコメント

総合ランキング

目次