【2023年度版】上場葬儀社7社における売上・利益・施行状況に関するまとめ

上場している葬儀社の業績動向まとめて解説

葬儀業界では、多数の葬儀会館を全国に展開する大企業も少なくありませんが、そのうち株式を上場しているのは、現在のところ7社のみです。
上場企業では大きく分けて以下3種類の定期的な発表・公表が義務づけられています。

  • 決算説明資料(1年に1回)
  • 有価証券報告書(1年に1回)
  • 決算短信(3ヶ月に1回) ※第●四半期など

上記のような資料は、投資判断に必要な企業情報を、株主に提供する目的で公開されていますが、実際には誰でも閲覧可能です。

そこで本記事では、各社が2023年決算期に公開した資料より『葬儀・葬祭事業』のカテゴリ情報を抽出し、葬儀・葬祭事業運営の現状や今後について詳しく解説します。
規模の大小を問わず、葬儀社様にとって参考になる部分も多いかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

上場葬儀社における直近の決算数字の推移

株式上場を果たしている葬祭事業7社の、売上・営業利益・経常利益の推移をグラフにまとめてみました。
なお7社の決算時期については下図の通りです。

屋号葬祭事業における屋号発表日回次種類
平安レイサービス㈱湘和会堂2023年6月28日54期決算期
㈱サン・ライフHDファミリーホール2023年6月26日5期決算期
㈱ティアティア2023年11月10日27期決算期
燦HD㈱公益社葬仙タルイ2023年6月28日94期決算期
㈱ニチリョクラステル2023年6月29日57期決算期
㈱きずなHDファミーユ2023年8月28日6期決算期
こころネット㈱たまのや2023年6月28日57期決算期
※各社様のIR情報より、葬儀・葬祭・式典事業の事業業績結果を抽出させていただきました。

上場7社の売上

売上高

まず各社の売り上げですが、新型コロナが5類相当に移行した影響もあってか、全社とも前年同期比100%以上となりました。
2022年の決算期でも、すでに7社すべて前年同期を上回っている状況でしたので、2期連続での増加となります。

各社における売上高の推移をみる限り、新型コロナの影響から完全に脱却したと考えてよさそうです。

上場7社の営業利益

営業利益

つづいて営業利益についてですが、こちらも全社で前年同期を上回っている状況です。
営業利益は、企業が本業で稼いだ利益を表し、企業の収益性や経営効率を判断する指標となりますが、上記のグラフを見る限り各社の経営安定性に不安は感じられません。

上場7社の経常利益

上場葬儀社の経常利益

最後に経常利益ですが、7社中6社が増加している状況です。
ニチリョク様の経常利益は前年同期比75%となっていますが、葬祭事業単体では営業利益も増加していますので、他事業の影響と思われます。

ここからは各社の詳細な事業内容について、決算資料をもとに紹介します。

平安レイ様 2023年3月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

平安レイ

決算数字(2022年4月1日~2023年3月31日)

  • 売上高:83億2百万円(前年同期比+9.1%)
  • 営業利益:22億3千3百万円(前年同期比+11.7%)
  • 経常利益:15億0千0百万円(前年同期比+16.0%)
  • 当期純利益:10億4千1百万円(前年同期比+13.9%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 2022年10月:社葬から家族葬まで対応可能なフロア貸切型葬祭施設「湘和会堂辻堂」開業
  • 2022年4月:建物貸切型の小規模葬祭施設「湘和会館二宮」開業
  • 2022年12月:建物貸切型の小規模葬祭施設「湘和会館広野台」開業
  • 2022年12月:「湘和会館愛甲石田」において貸切型の安置室「貴殯室」を新設

ご遺族の想いを形にする各種オリジナル商品を提案

  • 故人を生花で囲んで送る「花園」
  • 想い出の品々で人柄を表現する「追悼壇」
  • オブジェや装飾と生花を融合させた「追悼生花祭壇」
  • あらゆる音楽ソースを忠実に再現する「オリジナル大型スピーカー」

従業員教育として以下を実施

  • 生前相談の充実に向けたカウンセリングセールストーク研修
  • 潜在的ニーズを把握するためのコンサルティングセールストーク研修

今後の課題と対応について

平安レイ様では、今後の葬儀業界について、生前に故人様とご縁の深かった方が集まる小規模な葬儀が主流となるものの、よりパーソナルな葬儀が増加すると予想しているようです。
こうした個別ニーズに対応すべく、婚礼事業で培ったコンサルティングスキルを葬祭へ取り入れるための従業員教育研修を実践するとしています。

また不安定な世界情勢の影響で、エネルギー価格の高騰や円安の進行による物価高等が予想される中でも、安定的に収益を確保することを重要課題としてあげています。
臨機応変な人員配置効率的な物流を可能とする集中出店や、葬儀に付帯する物品やサービスのさらなる内製化を進めることで、経営資源の効率的な運用に注力しているようです。

そのための主な施策として、以下のような取り組みをあげています。

  • 個々のニーズに応える商品・サービス開発や周辺商品の販売強化
  • 内製化による生産性向上と営業利益率改善を目指す
  • 既存エリアでの小規模サテライト店舗出店を加速

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • フランチャイズ(FC):1
    • 直営:49
    • 総数:50
  • 葬儀施行(概算)
    • 件数:7,521件
    • 増減率:+8.3%
    • 単価:110万6236円
    • 単価増減率:+0.6%

出典

直近の動向

平安レイサービス様が2023年11月14日に発表した「2024年3月期 第2四半期決算短信」では、葬祭事業の売上高・利益ともに前年同期に比べ増加となっています。

  • 葬祭事業の売上高:39億8千0百万円(前年同期比+1.4%)
  • セグメント利益:10億4千8百万円(前年同期比+4.8%)

また役員人事については、2023年6月27日付けで、山田 朗弘氏が代表取締役社長に、相馬 秀行氏が代表取締役会長に、それぞれ就任しています。

出典

サン・ライフHD様 2023年3月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

サン・ライフHD

決算数字(2022年4月1日~2023年3月31日)

  • 売上高:91億4千1百万円(前年同期比+14.5%)
  • 営業利益:19億6千1百万円(前年同期比+18.3%)
  • 経常利益:9億7千1百万円(前年同期比+113.9%)
  • 当期純利益:3億5千7百万円(前年同期比ー12.1%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 2022年9月:家族葬対応施設「ファミリーホール茅ヶ崎」開設
  • 2023年1月:家族葬対応施設「サン・ライフ伊勢原駅南口ファミリーホール」開設
  • 2023年1月:家族葬対応施設「ファミリーホール日野本町」開設
  • 2023年3月:家族葬対応施設「さがみ野駅前ファミリーホール」開設
  • 2022年6月:「平塚斎場」のご安置室を改装
  • 2022年11月:「八王子北口ファミリーホール」の式場を改装

ご葬儀、および仏壇仏具、法事法要、埋葬や相続などのアフターフォローのご用命数増加に向けて以下の施策を実施

  • 集客型イベントの開催
  • 広告による認知度向上
  • ご相談体制の強化
  • 人材教育を強化

今後の課題と対応について

サン・ライフHD様では、式典事業における今後の課題として、競争が激化している葬儀市場への対応、ならびに多様化する顧客ニーズの的確な把握をあげています。
また不安定な世界情勢の影響による物価上昇が予想される状況下において、経営基盤の安定に向けたコスト競争力の強化についても、注力する必要があると考えているようです。

こうした課題を克服するために、以下のような取り組みを実施するとしています。

  • インターネット、デジタル技術を活用したご用命件数の増加および顧客コミュニティの構築
  • ご葬儀ブランド別の組織、アフターフォロー体制の確立
  • 顧客管理システムの整備とイベント、ご相談体制などの顧客接点機会の充実
  • 戦略的な新規斎場の出店
  • 医療、介護などの周辺領域との連携によるご用命機会の拡大
  • 霊園事業の既存事業へのシナジー発揮

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • 直営:36
  • 葬儀施行
    • 件数:具体的な件数は記載されていませんが、前年同期より増加となっているようです。

出典

直近の動向

サン・ライフHD様が2023年11月14日に発表した「2024年3月期 第2四半期決算短信」では、葬祭事業の売上高が前年同期に比べ増加となっています。

  • 葬祭事業の売上高:45億4千4百万円(前年同期比+6.4%)
  • セグメント利益:8億9千8百万円(前年同期比ー0.3%)

サン・ライフHD様では、人的資本の育成・定着への投資、広告宣伝費の増加や次世代システム開発の推進に力を入れているようです。
また施設の利便性を高めるため、2023年5月にサカエヤ・ホールのご安置室を改装しています。

出典:2024年3月期 第2四半期決算短信

ティア様 2023年9月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

ティア

決算数字(2022年10月1日~2023年9月30日)

  • 売上高:135億5千4百万円(前年同期比+5.4%)
  • 営業利益:11億3千5百万円(前年同期比+7.4%)
  • 経常利益:11億3千2百万円(前年同期比+8.0%)
  • 当期純利益:7億8千9百万円(前年同期比+34.6%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 新規出店は直営 8店(リロケーションにより2店閉鎖)、FC(フランチャイズ)7店の合計15店
  • 期末会館数は153店(直営89・FC64)で前年同期比で13店の純増
  • ティアブランドによる葬儀件数は前期⽐1.7%増の20,600件
  • 「ティアの会」会員数は49万⼈
  • ティアの会と同等のサービスが受けられる提携団体は1,342団体

今後の課題と対応について

ティア様では、重点課題の1つとして「多様化する葬儀ニーズに対応したマルチブランドの推進」を掲げ、複数ブランドの展開に乗り出しています。

  • ティア プレミアム
    • 対象:企業が主催する大規模な社葬やお別れ会・合同葬
    • 費用:社葬セットプラン200万円(税込)〜
  • 葬儀会館ティア・家族葬ホール ティア
    • 対象:一般葬儀・家族葬・直葬・民生葬・福祉葬
    • 費用:葬儀セットプラン33万円(税込)〜
  • ティア シンプル
    • 対象:一日葬・火葬式
    • 費用:1⽇葬セットプラン33万円(税込)〜/⽕葬式セットプラン13万2千円〜

また中核エリアでのシェア拡大に向けて、直営店・FC店舗の計画的な出店を継続するとしています。
2024年9月期では、直営8店舗・FC9店舗の出店を計画しており、全店合計170店舗を予想しているほか、不動産関連・霊園事業等の増収効果も見込んでいるようです。

2024年9月期の業績予想

  • 売上高:152億20百万円(+8.2%)
  • 営業利益:12億円(+5.7%)
  • 経常利益:11億80百万円(+4.2%)
  • 当期純利益:7億90百万円(+0.1%)

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • フランチャイズ(FC):64
    • 直営:89
    • 総数:153
  • 葬儀施行
    • 件数:20,600件
    • 増減率:+1.7%
    • 単価:83万2,000円
    • 単価増減率:+2.3%

出典

直近の動向

ティア様では、東海典礼(愛知県豊川市)および八光殿(大阪府八尾市)を傘下におさめる持ち株会社「株式会社NSSK-VV3」「株式会社NSSK-TT」の全株式を日本産業推進機構から取得し、子会社化すると発表しました。
(取得予定日は2023年11月20日)

  • 東海典礼:愛知県の三河地方を中心に22店舗を展開
  • 八光殿:大阪府の八尾地域を中心に16店舗を展開

今回の株式取得については、同社が中長期ビジョンとして掲げる「会館数 260 店舗体制」の実現を目的としたもののようです。

出典:株式会社ティア「株式会社NSSK-VV3及び株式会社NSSK-TTの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ」

燦HD様 2023年3月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

燦HD

決算数字(2022年4月1日~2023年3月31日)

  • 売上高:212億8千0百万円(前年同期比+8.5%)
    • 公益社:179億3千4百万円(前年同期比+8.0%)
    • 葬仙 : 15億1千5百万円(前年同期比+10.8%)
    • タルイ: 18億3千1百万円(前年同期比+11.1%)
  • 営業利益:29億5千2百万円(前年同期比+26.4%)
  • 経常利益:38億4千3百万円(前年同期比+13.5%)
  • 当期純利益:27億8千3百万円(前年同期比+36.4%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 公益社グループ
    • 全葬儀施行件数は13,050件(前年同期比ー0.3%)
    • 葬儀施行単価は111万3,000円(前年同期比+7.0%)
    • 営業収益は145億2千6百万円(前期比+6.7%)
    • セグメント利益は24億42百万円(前期比24.5%増)
  • 葬仙グループ
    • 葬儀施行件数は1,589件(前年同期比+11.0%)
    • 葬儀施行単価は84万1,000円(前年同期比+2.2%)
    • 営業収益は15億1千5百万円(前年同期比+10.9%)
    • セグメント利益は1億39百万円(前年同期比+84.3%)
  • タルイグループ
    • 葬儀施行件数は1,587件(前年同期比+9.8%)
    • 葬儀施行単価は106万5,000円(前年同期比+0.7%)
    • 営業収益は18億3千1百万円(前年同期比+11.1%)
    • セグメント利益は3億71百万円(前年同期比+23.9%)

今後の課題と対応について

燦HD様では、多様化する消費者ニーズへの対応強化、ならびに競争が激化する葬儀市場におけるシェアの維持・拡大を重要課題にあげています。
このような課題を克服するための施策として「葬儀事業の拡大」「ライフエンディングサポート事業の拡大」「事業基盤の強化」「サービス品質の向上」を掲げ、以下を実行するとしています。

  • 既存会館のシェアの維持、および新規出店による葬儀施行件数の増加を見込むとともに、葬儀単価を維持することにより一般葬儀の増収を図る
  • 新しい葬儀ブランド「エンディングハウス」を中心とした葬儀事業の拡大

上記施策を実現するためには、それを支える人材確保が不可欠であることに加え、将来的な葬儀施行数の増加に備えて人員体制を強化するため、先行投資として積極的な人材の採用に取り組むようです。

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • 直営:84
  • 葬儀施行
    • 件数:16,226件
    • 増減率:+1.5%
    • 単価:110万1,442円
    • 単価増減率:+7.9%

出典

直近の動向

燦HD様が2023年11月10日に発表した「2024年3月期 第2四半期決算短信」によると、葬祭事業の売上高・利益は以下の通りです。

  • 葬祭事業の売上高:102億1千6百万円(前年同期比+3.2%)
  • セグメント利益:11億6千4百万円(前年同期比ー5.1%)

出典:2024年3月期 第2四半期決算短信

また燦HD様では、家族葬専門ブランド「ENDING HAUS.(エンディングハウス)」の新規立ち上げを、2023年3月27日に発表しました。

2024年1月に「エンディングハウス 西淀川(大阪市西淀川区)」、2024年2月に「エンディングハウス 弥刀(大阪府東大阪市)」を開設予定ということで、専用ホールは6店舗(東京都2店舗・大阪府4店舗)になるようです。

出典

ニチリョク様 2023年3月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

ニチリョク

決算数字(2022年4月1日~2023年3月31日)

  • 売上高:17億6千3百万円(前年同期比+20.2%)
  • 営業利益:6億0千1百万円(前年同期比16.2%)
  • 経常利益:1億3千9百万円(前年同期比ー25.1%)
  • 当期純利益:1億1千8百万円(前年同期比ー8.6%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 春夏秋冬に発行する会報を配布
  • 有料会員サービスの内容を、葬儀だけでなく終活領域全般に拡大
  • コロナ禍の収束に伴い終活セミナーやイベントを順次再開

今後の課題と対応について

ニチリョク様では、小規模で簡素な低価格葬儀を求める層と、より高品質な葬儀を求める高価格帯の顧客層に二極化すると考えているようです。
こうした判断にもとづき、すでにレッドオーシャン化している低価格領域で価格競争に参加するのではなく、オーダーメイド葬や社葬といった高付加価値葬儀に力を入れるとしています。

またニチリョク様では、「遺される家族に迷惑をかけたくない」と考える親世代と、「大切な家族だからこそ、きちんと見送りたい」と考える子供・孫世代とのギャップを埋めることを課題にあげ、それぞれの想いを尊重しつつも、双方が満足できる葬儀の実現に向け、家族に寄り添うサービスを提供するとしています。

2024年3月期の業績(全社)見通し

  • 売上高39億円(前年同期比+21.0%)
  • 営業利益3億6千万円(前年同期比+62.2%)
  • 経常利益2億6千万円(前年同期比+88.5%)
  • 当期純利益2億7千万円(前年同期比+128.7%)

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • 直営:4
      • ラステル新横浜:6式場
      • ラステル久保山:2式場
      • ラステル久保山別館:法要ホール
      • セレハウス久保山:1式場
  • 葬儀施行
    • 件数:具体的な葬儀施行件数は明記されていませんが、葬祭事業の業績から増加したものと思われます。

出典

直近の動向

燦HD様が2023年2月10日に発表した「2024年3月期 第2四半期決算短信」では、葬祭事業の売上高が前年同期に比べ増加となっています。
葬祭事業の売上高:8億8百万円(前年同期比+6.9%)

出典:2024年3月期 第2四半期決算短信

きずなHD様 2023年5月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

きずなHD

決算数字(2022年6月1日~2023年5月31日)

  • 売上高:105億3千5百万円(前年同期比+13.6%)
  • 営業利益:11億8千2百万円(前年同期比+10.3%)
  • 経常利益:7億0千1百万円5億9千9百万円(前年同期比+17.0%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 過去最高となる21ホールの新規出店
  • オーダーメイド型葬儀の件数増加に注力
  • オリジナルプラン件数は3,101件(前年同期比+31.3%)
  • 施行葬儀全体においてオリジナルプランが占める割合25.0%(前年同期比+2.0%)

今後の課題と対応について

きずなHD様では『地域いちばん店を、⽇本でいちばん数多く!』を成長ビジョンとして掲げ、積極的な出店をおこなっていますが、その実現に向けた課題の1つとして人材の確保を上げています。
また同社では、簡素な低価格葬儀の増加や、新型コロナの影響などで低下した葬儀施行単価の回復に向けて、「少⼈数でも⾼付加価値」を提供できるオリジナルプランの構成⽐率を高めることに注力していますが、そのためにはサービス品質の向上が不可欠となります。

こうした背景から、23/5期より⼈事制度の⾒直しを⾏う等、採⽤競争⼒の強化を図っており、進捗は良好とのことです。

2024年5月期の計画数値

  • 葬儀単価…86万1千円(前年同期比+11.7%)
  • 売上高…126億8千0百万円(前年同期比+20.4%)
  • 営業利益…16億1千0百万円(前年同期比+36.2%)
  • 20ホールの新規出店を計画

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • 直営:130
  • 葬儀施行
    • 件数:12,413件
    • 増減率:+15.4%
    • 単価:79万6千円
    • 単価増減率:-0.6%

出典

直近の動向

きずなHD様が2023年10月13日に発表した「2024年5月期 第1四半期決算短信」では、葬祭事業の売上高・利益ともに前年同期に比べ増加となっています。

  • 売上高:27億2千5百万円(前年同期比+19.2%)
  • 営業利益:1億9千9百万円(前年同期比+0.6%)

きずなHD様では、2023年6月1日~2023年10月13日の期間に5ホールを新規出店し、直営店舗は135となっています。
また葬儀件数に占めるオリジナルプラン件数の比率が、32.7%まで向上したことにより、葬儀施行単価も85万9千円(前年同期比+ 11.5%)となっています。

出典

こころネットグループ様 2023年3月期 決算期 報告書における葬儀・葬祭事業の内容

こころネット

決算数字(2022年4月1日~2023年3月31日)

  • 売上高:55億7千4百万円(前年同期比+10.7%)
  • 営業利益:6億1千8百万円(前年同期比+27.7%)
  • 経常利益:6億6千8百万円(前年同期比+95.9%)
  • 当期純利益:1億4千9百万円(前年同期比ー0.7%)

葬儀・葬祭セグメントの振返りと今後

当期の振り返り

  • 2022年7月「とわノイエ 黒岩(福島県福島市)」開業
  • 2022年12月「こころ斎苑 飯坂 家族葬ホール(福島県福島市)」開業
  • 2023年3月に「とわノイエ 八木田(福島県福島市)」開業
  • 2022年10月「こころ斎苑 きずな(福島県福島市)」リノベーション
  • 広告宣伝による事前相談への誘致
  • オプション品の販売促進による葬儀施行単価向上への施策を実行
  • 法事や仏壇・仏具の販売などアフターフォローを強化

今後の課題と対応について

こころネットグループ様では、「成長をスパイラルアップするフレームづくり~旧ビジネスモデルから脱却し選ばれる成長企業へ~」という基本方針のもと、中期経営計画(2023年3月期~2025年3月期)を策定しています。
このうち葬祭事業については、「競争力の強化」「営業規模の拡大」「事業領域の拡充」の3点を課題としてあげています。

それぞれの課題について、以下のような対策を取るとしています。

  • 競争力の強化
    →商品・サービスの抜本的再構築、葬祭会館の計画的リノベーション等
  • 営業規模の拡大
    →葬祭会館の戦略的新規出店、同業M&Aの推進等
  • 事業領域の拡充
    →LTVの最大化、ライフエンディング領域におけるアライアンス強化等

*LTVとは
Life Time Value(ライフタイムバリュー)の略で、「顧客生涯価値」を意味する。
1人の顧客が自社との取引開始から終了までの期間にもたらす利益の合計。

またこうした施策の実行に必要となる人事戦略については、以下のような取り組みでブラッシュアップするとしています。

  • タレント・マネジメント・システム等リーダー人財の育成体制の体系化
  • 人事制度の最適化及びワークライフバランスの更なる改善
  • ダイバーシティ&インクルージョン推進の実質性向上

2024年3月期の連結業績予想

  • 売上高:96億8千0百万円(前年同期比+1.2%)
  • 営業利益:6億2千5百万円(前年同期比+0.2%)
  • 経常利益:6億7千0百万円(前年同期比+0.3%)
  • 当期純利益:4億2千0百万円(前年同期比+181.6%)

現状の葬儀事業における数字

  • 葬儀会館数
    • 直営:33
  • 葬儀施行
    • 件数:5,621件
    • 増減率:+8.0%
    • 単価:99万1,638
    • 単価増減率:+2.5%

出典

直近の動向

こころネットグループ様が2023年11月10日に発表した「2024年3月期 第2四半期決算短信」によると、葬祭事業の売上高・セグメント利益は以下のようになっています。

  • 葬祭事業の売上高:26億2千2百万円(前年同期比+1.6%)
  • セグメント利益:2億2千8百万円4億5千万円(前年同期比ー10.2%)

こころネットグループ様では、葬祭事業子会社3社(株式会社セレオ、株式会社四季:仕出し料理、有限会社喜月堂:仏壇・仏具販売)を傘下に持つ喜月堂ホールディングス株式会社(山梨県韮崎市)の全株式を、2023年9月1日付で取得したと発表しました。

これにより、こころネットグループ様の葬祭事業における営業エリアは、従来の福島県・茨城県に山梨県を加えた3県となります。

出典

まとめ

本記事では、上場葬儀社7社の決算資料を参考に、葬儀施行状況や収益の推移について紹介しました。
全社とも売上高が2期連続で増加していることから、すでに新型コロナによる影響から脱却した印象です。

7社中6社で新規出店を進めているほか、新型コロナの影響で低下した葬儀施行単価の向上にも積極的に取り組んでおり、各社とも一定の成果を上げています。
またティア様とこころネットグループ様の2社では、M&Aによる営業エリア拡大に成功していました。

上場葬儀社様の決算報告資料や説明会資料には、実際に取り組んでいる施策や今後に向けた計画など、各社の動向が想像以上の詳細さで記載されています。
本記事の内容は、業績改善のヒントとなる可能性もありますので、参考にしていただければ幸いです。

カテゴリー最新記事

目次