創業80年超!葬儀・葬祭事業の老舗企業 株式会社あいプラン┃冠婚葬祭互助会の売上・利益・業績まとめ

あいプラン 売上、利益、業績┃葬儀・葬祭の冠婚葬祭互助会

葬儀社の売上・利益・業績を調べる場合、上場しているなら決算発表情報・有価証券報告書をみれば分かります。非上場になると帝国データバンク(TDB)か、商工リサーチ(TSR)、はたまた日経テレコンで調べるのが一般的ですが、いずれも有料です。
ちょっと知りたい、ざっくり今すぐ把握したい、売上・利益・業績の比較をしてみたい、そんな方に向けてまとめました。

創業80年超の葬儀・葬祭事業を展開している老舗企業の株式会社あいプランは1930年(昭和5年)仕出し料理「(有)喜久一分店」として創業し、1963年2月に冠婚葬祭互助会として発足。以来、札幌市を中心に斎場、結婚式場を運営しています。

「やわらぎ斎場」を中心としたフューネラル(葬儀)事業は、年間葬儀件数7000件以上と道内でも圧倒的な実績もあります。また、「藻岩シャローム教会」などのブライダル事業も、清楚な教会式挙式を実現できる式場として人気です。

目次

(1)決算公告とは

決算公告はその会社が健全な経営を行っているかを確認できる計算書類となります。以下に、決算公告についての簡単な概要を記載しました。

株式会社は定時株主総会の後に貸借対照表を公告する義務があり、その行為を決算公告と言います。
ただし、大会社については貸借対照表と合わせて損益計算書も公告することが義務付けられています。
次の2つの条件のうちいずれか1つが該当する株式会社は「大会社」という定義になります。
1つ目は資本金が5億円以上、2つ目は貸借対照表の負債の部に計上されている合計額が200億円以上の株式会社のいずれかとなります。

公告の方法は全部で3つあります。
1つ目は官報に掲載、2つ目は日刊新聞紙に掲載、3つ目は電子公告(会社のウェブサイトに掲載)

決算公告の簡単な概要については以上になります。

(2)なぜ葬儀社は決算公告をおこなうのか?

葬儀社の大手あるいは長年 葬儀・葬祭事業を営む会社は冠婚葬祭互助会を運営するケースが多いです。

冠婚葬祭互助会とは冠婚葬祭などの行事に備えるために毎月一定の掛金を複数回の支払いで積み立てるサービスとなっております。互助会の会員になることで葬儀や婚礼で割引などの優遇があります。

冠婚葬祭互助会は経済産業大臣の認可を受けた事業者となります。

出典:一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会ホームページより

https://www.zengokyo.or.jp/about/gojokai/fabric/

会員から掛金として支払われた前受金は割賦販売法によって積み立てられた前受金の2分の1を次の何らかの方法で保全することが義務付けられています。
1つ目は法務局に供託する
2つ目は経済産業省の指定する保証会社と供託委託契約を結ぶこと
3つ目は銀行や信託会社などの金融機関と供託委託契約を結ぶこと
以上の3つの方法の何らかを選択する必要があります。
また、経済産業省は割賦販売法に基づき互助会事業の経営指導や立入検査等を行っています。

なお現在、冠婚葬祭互助会事業者として登録されている事業者は以下より確認することができます。

経済産業省 前払式特定取引業者(冠婚葬祭互助会)許可事業者一覧

上記のように、冠婚葬祭互助会では政府・行政の認可団体として運営している側面があり、義務である決算公告を発表する事業者が多い状況です。

(3)株式会社あいプランの貸借対照表

貸借対照表でまずチェックしたい箇所は純資産の部です。総資産に対する純資産の比率である「自己資本比率」が高いほど、その企業の経営状態は良好であると考えられます。

例えば自己資本比率が50%以上であれば、経営状態は良好だとされています。自己資本比率が10%を下回っている場合は経営状態は良いとは言えません。自己資本比率が低い場合は借入金などの負債が多いので資金繰りが厳しいと予測ができます。一方で、自己資本比率が高い場合は返済義務を有しない資金を大量に抱えているので倒産リスクは低くなると考えられます。

自己資本比率は中長期的にその企業の安定性を確認できる指標ですが、自己資本比率は業種によって大きく異なります。例えば固定資産(建物や土地や機械など)を多く抱えている業種(製造業や鉄道会社)は最低でも20%程度はあると安心です。逆に流動資産(ソフトウェアや”のれん”など)を多く抱えている業種(IT企業や卸売業)は最低でも15%程度は欲しいところです。
※のれん:その会社が持つ技術やブランドで、目には見えない価値の高い資産のこと

(4)株式会社あいプラン 自己資本比率は13.27%

利益剰余金とは簡単に言うと会社の貯金のようなもので、その会社の生んだ利益を分配せずにコツコツと社内で貯めたお金です。

正確な会計用語ではないですが利益剰余金のことを内部留保とも言います。内部留保は恐らく聞き馴染みのある単語だと思います。利益剰余金は貸借対照表で言うところの純資産の部に記載があります。内部留保(利益剰余金)が多くあればあるほど、金融危機などの影響で経営が赤字になった際に従業員の給与や固定費の支払いに活用できるため企業が生き残るための重要な資金源となります。

株式会社あいプランの場合は以下のように推移しております。

過去3年間の利益剰余金の成長率の推移は2019年3月期は53億6千4百万円(前年比成長率は9.31%)、2020年3月期は57億7千2百万円(前年比成長率は7.61%)、2021年3月期は58億8千6百万円(前年比成長率は1.98%)となっています。

(6)株式会社あいプランの損益計算書

①売上金額の推移

ブライダル事業はコロナの影響により婚礼組数が減少し婚礼売上が大幅減少。一方でフューネラル事業は葬儀件数は増加したものの売上が減少。コロナの影響で親族だけが参列する「家族葬」や、通夜を行わない「1日葬」などの小規模な葬儀を選ぶ割合が増えたことで以前より問題視されていた葬儀単価の低下が急加速したことが主な要因として考えられます。

②営業利益の推移

営業利益とは、売上総利益から販管費(=販売費および一般管理費)を差し引いて算出されます。つまり、どのくらい本業で儲ける能力があるかを表す数字となります。

過去3年間の営業利益の成長率の推移は2019年3月期は4億2千8百万円(前年比成長率は-48.56%)、2020年3月期は3億7千8百万円(前年比成長率は-11.68%)、2021年3月期は4億7千万円(前年比成長率は24.34%)となっています。

③経常利益の推移

経常利益はその会社の実力が一番分かる数字で、本業以外の稼ぎ(金融商品、株、為替などの取引で発生した利益)も含めその会社全体でどれだけ稼ぐ力があるか分かります。

過去3年間の経常利益の成長率の推移は2019年3月期は8億6百万円(前年比成長率は-31.17%)、2020年3月期は7億5千5百万円(前年比成長率は-6.33%)、2021年3月期は1億1千6百万円(前年比成長率は-84.64%)となっています。

④損益計算書

損益計算書とは企業が「どれだけ売り上げが上がり(=収益)」「費用を何に使って(=費用)」「どれくらいもうかったのか(=利益)」が一目で分かるものです。今回は損益の実態評価を示す「経常利益」ではなく、下の損益計算書を基に同規模程度の同業他社との売上高営業利益率を比較します。

株式会社あいプランの営業利益率は4.38%(2021年3月期)、一方で同規模程度の同業他社のアルファクラブ武蔵野株式会社は2.72%(2021年4月期)でした。ちなみに葬儀業界トップの株式会社ベルコの営業利益率は9.42%(2021年3月期)となります。

(7)株式会社あいプランのまとめ

今回は株式会社あいプラン様の決算公告をもとに分析を行いました。
葬儀業界全体が葬儀の小規模化・簡素化や新型コロナの影響に苦戦する中、利益剰余金を堅調に維持されている点に、大手互助会事業者としての底力を感じます。

日本で現在進行形で起きている核家族化、死亡者の高齢化、地域コミュニティの崩壊等を背景とし、「家族葬」、「直葬」が増加したことに伴い、消費者ニーズは多様化。葬儀規模がよりスリムに、よりシンプルなものへと様変わりしました。
その結果がもたらしたものは「葬祭単価の低下」でした。今後は多様化していく消費者ニーズに対して積極的にコミットし利益率の高いサービスを提供できる企業が生き残り成長していくのだと記事を書いていて実感しました。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。より詳しい情報を知りたい方はお気軽にお問合せ下さい。

★お問合せフォーム

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる