企業紹介 祭壇

株式会社レイ・クリエーション

投稿日:2019年6月26日 更新日:

企業紹介

レイ・クリエーション サイトトップページ

大阪市中央区のコンテンツデザイン事業者。葬儀、医療、介護関係から、環境、工業デザインまで、その事業範囲は多岐に渡る。

同社が提案する映像祭壇「キネマ葬」とは、白木や花の祭壇の代わりにスクリーンを置き、映像コンテンツだけで葬儀を演出するもの。生前に撮りためた自分史映像や、お経の内容を映像化した経文映像などを通じて、故人と遺族、出席者がより心を通わせることのできるセレモニーを提案する。

 

会社概要

社名レイ・クリエーション
代表者名代表取締役 原田徹朗
住所〒541-0043 大阪市中央区高麗橋3-1-8 カルボ高麗橋ビル1・2階
事業内容ライフサポート事業、コンテンツデザイン事業(医療、健康、介護、看護、環境、エネルギー関連、工業エンジニアリング)
創立平成元年(1989年) 9月1日
資本金1,800万円
従業員数-

 

本社地図

 

 

製品例紹介

キネマ葬イメージ(フューネラルビジネスフェア2017出展時)

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業紹介, 祭壇

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.