企業紹介 霊柩車

有限会社 ジェイ・エフ・シー

投稿日:

企業紹介

出典:サイトトップページ

地味葬、家族葬の広がりとともに霊柩車の手配に際し「派手な車はやめてほしい」という注文の増加、加えて派手な宮型霊柩車の出入を禁止する火葬場が出てきたことから宮型から洋型霊柩車やワンボックス型が多数になってきた。2002年宮型霊柩車製造の業界最大手であった米津工房が倒産し、米津工房に在籍した有志で立ち上げられたのが有限会社JFCである。

自社で霊柩車の製造・販売・修理・メンテナンスを手掛ける。宮型だけではなく、洋型、バン型の取り扱いもある。

特に、日本葬礼文化の象徴である宮型霊柩車は多数の実績がある。

会社概要

社名有限会社 ジェイ・エフ・シー
代表者名代表取締役社長:今村勉
住所〒-243-0801 神奈川県厚木市上依知1301‐4
事業内容
  • 霊柩自動車の製造販売(宮型、洋型、バン型、バス型)
  • 洋型霊柩車の輸入販売
  • メンテナンス業務全般(宮型載替、御手入など)
  • 車両改造申請、歪試験業務全般
  • 中古霊柩車販売
創立平成14年6月
資本金
従業員数12名

 

本社地図

サービス紹介

一両ずつの受注生産の体制である。

納期はバン型車1か月、洋型車3か月、宮型車3か月となっている。

宮型車両

洋型車両

バン型車両

 

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業紹介, 霊柩車

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.