企業 新着ニュース サービス情報

喪中葉書の返信と、在りし日の写真で偲べるサービスを無料提供 ~届いた喪中葉書で写真閲覧とお悔やみが送れるメモリアルバム~

投稿日:2018年10月26日 更新日:

アイ企画

アイ企画は、インターネットを介し故人の写真閲覧やお悔やみの送信ができる サービス「メモリアルバム」を先着500名に無料で提供いたします。 メモリアルバムは、従来の喪中葉書に遺影QRコード(遺影額をイメージした二次元コード)を付けて発送します。その喪中葉書を受け取った人は遺影QRコードを読み取ることで、思い出写真や葬儀の様子写真で故人を偲んで頂くと共に喪中見舞を送信できるシステムです。

アイ企画は、インターネットを介し故人の写真閲覧やお悔やみの送信ができる

サービス「メモリアルバム」を先着500名に無料で提供いたします。

 

メモリアルバムは、従来の喪中葉書に遺影QRコード(遺影額をイメージした二次元コード)を付けて発送します。その喪中葉書を受け取った人は遺影QRコードを読み取ることで、思い出写真や葬儀の様子写真で故人を偲んで頂くと共に喪中見舞を送信できるシステムです。

 

近年、葬儀の簡素化により家族身内が亡くなった時点では訃報通知はしない傾向があります。その一方で、葬儀へお誘いしなかった分、故人と生前付き合いのあった人に、「故人に代わりこの世の最後のご挨拶」をしたいと喪中葉書を出状する習慣が定着しています。

 

その様な喪中葉書を受け取った人は故人とは生前お付き合いがあったものの、その喪主や御遺族とは全く面識がない場合が多々あります。その為、喪中葉書を受け取っても対応に躊躇してしまい結局何も行動できず、故人に対して心残り感が否めない実情もあります。

 

そこで、弊社は平成27年から、懐かしい思い出写真で故人を偲びながら手軽にお悔やみを伝える事ができるシステムの開発・改良を続けて参りました。

 

 その一環として、この度、喪中葉書を出す側、受け取る側ともにスマートフォンのみで完結する故人のパスワード付きパーソナルページを作成するシステム「メモリアルバム」を完成させました。

 

メモリアルバムはスマートフォンのみで作成でき、自動生成される遺影QRコード(遺影額をイメージした二次元コード)を喪中葉書に印刷または貼付し、故人のパスワード付きパーソナルページを見てもらうことができます。

 

一方、受け取った側も、喪中葉書で死去を初めて知ったとしても故人のパスワード付きパーソナルページの写真で故人との思い出に浸ったり、喪主や御遺族とは全く面識がない場合でも気軽にお悔やみを送信でき、心残りなくお別れできるシステムになります。

 

 【メモリアルバム ホームページ】

 http://ikkk.biz/album/mi_album.html

 

【お問い合わせ先】

名称:アイ企画

住所:埼玉県新座市野火止5-2-13 水野ビル3階

担当者:代表取締役 岩元文一 

TEL:048-481-9531

E-mail:info@ikkk.biz

 

【参考】

喪中葉書 使用例 

メモリアルバム デモ

http://mbum.net/62/

パスコード: 1234

ValuePress!より転載

葬儀経営者のお悩み、
葬儀屋.jp
相談しませんか?

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, サービス情報
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.