企業 新着ニュース その他

中津川市の新斎場/19年度内に基本計画策定/

投稿日:

岐阜県は新たな斎場建設事業の基本計画を策定しました。

火葬場のニーズは高まっています。岐阜県内にも既にこれだけ火葬場がありますが(PDF)中津川市の苗木地区新谷に新斎場を予定しているとのこと。24年度の供用開始を目指しています。

記事は以下から

中津川市の新斎場/19年度内に基本計画策定/候補地は苗木地区新谷

岐阜県中津川市は、2019年度内に新斎場建設事業の基本計画を策定する。同市環境施設建設推進室によると、地域の代表者と意見を交えた結果、苗木地区新谷(あらや)を建設候補地に決めた。敷地面積や炉数など施設規模は、基本計画に示す。20年度以降に造成、設計、建設などを進め、24年度の供用開始を目指す。

同市では火葬場のニーズが高まる中、施設の老朽・狭あい化などの課題を抱えており、約10年前に新火葬場建設検討委員会を設置するなど、新火葬場の建設に向けて検討を進めていた。

19年度9月補正予算に緊急対応が必要な事業として1837万円を計上。7日に指名競争入札で「中津川市新斎場建設基本計画策定業務委託」の落札者を玉野総合コンサルタントに決めた。落札価格は1474万円(税込み)。近く契約する予定だ。

基本計画策定のほか、地形測量、地質調査、先進事例の調査などを委託する。履行期間は20年3月末まで。

引用元:建設通信新聞Digital

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, その他

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.