企業 新着ニュース 霊柩車

葬儀車改造技術 中国企業に提供 カワキタ

投稿日:

富山県富山市の霊柩車製造の専門メーカー、株式会社カワキタが、中国の大手葬儀会社へその製造技術を提供することで合意しました。(葬研編集部)

その詳しい内容は以下の通りです。

中国の葬儀会社の子会社がセダンタイプの霊きゅう車の生産を担い、カワキタはコンサルティング手数料に加えて生産台数に応じた対価を得る。中国では富裕層の増加で高級霊きゅう車需要が高まっているといい、巨大市場を開拓する。

車は安徽省にある工場で生産し、2021年春までの販売を目指す。コンサルティング料は5400万円。既に中国人技術者5人が富山市にあるカワキタの工場で研修を受けている。

中国での霊きゅう車の年間需要は国内市場の10倍程度の約6500台。ワンボックスタイプの霊きゅう車が主力だが、富裕層の増加でセダンタイプの高級霊きゅう車ニーズが高まっている。

引用元/記事全文はコチラ→日本経済新聞

 

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 霊柩車
-,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.