調査データ 企業 新着ニュース

“インターネットでお墓参りが出来るサービス”についてのアンケート調査を実施

投稿日:2020年7月15日 更新日:

年代が高くなるほど否定的な傾向があるが、年代が若くなるほど肯定的な回答。将来的にインターネットを利用したお墓参りサービスの可能性が感じられるアンケート結果に。

全石協
石材業界唯一の経済産業省公認団体「全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 加登隆三)」は、新型コロンウイルス感染症に伴う、あらゆるサービスのオンライン化する現代の中、“お墓参り”のオンライン化をテーマにそのニーズを探るべく、全国30代以上 男女 3,056名を対象に「インターネットでお墓参りが出来るサービスに関するのアンケート調査」を実施いたしました。得られた回答結果の概要をまとめました。
【アンケート結果サマリー】

◇インターネットでお墓参りを”利用したい”答えた人は21%。一定のニーズはあることがわかった。一方、利用したくないと答えた方は55.5%、“どちらでもない”と合わせると約8割の人は、現段階では必要性を感じていないことが大勢を占めることがわかる。
◇男女別でみると、男性より女性の方が、5.3ポイントであるが、“利用したい”と思う人が多かった。
◇年代別では、30代が最も利用したい層が多く、逆に70代の人が、利用には否定的な回答が得られた。高い年齢層になればなる程、インターネットでお墓参りすることに否定的であることがわかった。

― お墓に関するアンケート調査概要 ―

【調査対象】            全国 年1回以上お墓参りへ行く人 30才代以上 男女
【調査期間】    2020年6月5日~2020年6月30日
【調査方法】    インターネット調査
【有効サンプル数】   3,056名

【調査結果】
Q パソコンやスマホを利用して“インターネットでお墓参りができるサービス(実在のお墓をライブカメラで確認できる形式や、実在しないバーチャルのお墓を表示する形式など)”について、利用したいと思いますか?(※対象者:年に1回以上お墓参りへ行く人)
 

インターネットでお墓参りを”利用したい”(とても利用したい・まあ利用したい)答えた人は21.0%で一定のニーズはあることがうかがえます。一方、 利用したくない(全く利用したくない・あまり利用したくない)と答えた方は55.5%、“どちらでもない”と合わせると約8割の人は、現段階では必要性を感じていないことがわかりました。

 
■男女別

男女別でみると、利用したい(とても利用したい・まあ利用したい)と回答した人は、男性と比較して女性が、5.3ポイント上回りました。

■年代別
 

年代別では、30代が最も利用したい(とても利用したい・まあ利用したい)層が多く、逆に70代が、利用には否定的な回答(全く利用したくない・あまり利用したくない)でした。高い年齢層になればなる程、インターネットでお墓参りすることに否定的であることがわかりました。また、年に2回以上お墓参りをする人の中で、特に30代男性については、“利用したくない人”を“利用したい人”を上回る結果となりました。

《まとめ》
“インターネットでお墓参り”というサービス自体が、具体的に商品化されていない現状で、かつ、消費者の中に既存概念として存在しないサービスについてのアンケートとしては、大多数が“利用したくない”または“わからない”という回答になったのは、必然的な結果といえます。しかし、女性や若年層(30代・40代)が肯定的な意識を持っていることがわかりました。また、年に2回以上お墓参りへ行く習慣がある30代男性について、「利用したい」と回答した人が、「利用したくない」と回答した人を上回ったことは、将来的にインターネットを利用したお墓参りサービスの実現の可能性が感じられます。
新型コロナウィルス感染症拡大防止により消費者の生活様式が大きく変わろうとしている。日本人がお墓参りを通じて供養することに変化はないが、そのお墓参りの在り方については、供養業界から消費者への提案次第で、大きく変化する可能性もある。我が国においては、お墓そのものが、先祖と家族や親族を繋ぐ心の拠り所となっています。この機能を損なうことなく、新しい価値とソリューションを提供できる事業者が消費者の信頼を得る事となるのでないかと考えます。
全石協は、今後も、個人や家族のライフスタイルに対応した多様なお墓のニーズに応えられるよう、供養文化や正確な墓地・墓石情報の提供に努めてまいります。

◆「全国石製品協同組合」(全石協)とは
全国石製品協同組合(全石協)は、全国47都道府県の石材会社及び同関連会社が結集し強力な組織化と連携のもと石材業界の指導的役割を担うとともに、消費者ニーズへの的確な対応と石材業界の健全な発展を目指す団体です。全国石製品協同組合では、日本人が大切にしてきた供養文化を守るべく、消費者に正確な情報をご提供し、石材業界の健全な発展を目指してまいります。

【商号】全国石製品協同組合(経済産業省認可 2012004情第5号)
【設立】2012年11月22日
【所在地】東京都港区芝大門2丁目9番14号5階
【運営サイト】いいお墓探し!お墓の引越しドットコム https://www.ohakanohikkoshi.com/

PR TIMESより転載

葬儀経営者のお悩み、
葬儀屋.jp
相談しませんか?

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

shige

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-調査データ, 企業 新着ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.