企業 新着ニュース 商品情報

PCもスマホも使わずに、簡単に録画・再生ができる、カメラ付きビデオメッセージカード『ViMeCa』がクラウドファンディングのGREEN FUNDINGに登場。

投稿日:2018年6月7日 更新日:

DOKE

事業を通じて世の中の価値観を変えていくDOKE(本社:大阪府大阪市北区)は、海外で即完売した、デジタルだけどアナログ的/シンプルで直感的に使える、小型カメラ搭載ビデオメッセージカード『ViMeCa』(ビメカ)をバージョンアップして国内先行発売に先駆けてGREEN FUNDINGでクラウドファンディングしています。 ViMeCaはビデオレター2.0とも言える、全く新しい電報のカタチとしても使える、感動体験を生み出す製品になりました。

事業を通じて世の中の価値観を変えていくDOKE(所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役:平松建一)は、PCもスマホも使わずに、簡単に録画・再生ができる、カメラ付きビデオメッセージカード『ViMeCa』のクラウドファンディングを、GREEN FUNDINGにて、2018年6月5日(火)より開始しました。

 

 

クラウドファンディング:GREEN FUNDING

PCもスマホも使わずに、簡単に録画・再生ができる、カメラ付きビデオメッセージカード。

動画で伝えられて、最高の体験ができる、世界に一つだけの贈り物。

『ViMeCa』(ビメカ)

https://greenfunding.jp/lab/projects/2289/

(2018年6月5日~7月31日まで)

 

【背景】

『ViMeCa』はアメリカで3ヶ月間だけ販売し、200人以上から圧倒的支持を受けて完売!画質や液晶ディスプレイのサイズなど、改良を重ねて新たに製品化しました。

離れたところに住む家族や親戚、出張や単身赴任に行っている彼や彼女へのメッセージ。結婚式や送別会などの主役へのプレゼント。

想いを込めた動画で、リアルな表情、声、感情をストレートに届けられるようにしたい。そして作った動画をカタチにして、ずっと残せるようにしたい。

しかも、動画の録画や再生は、誰でも簡単にできるようにしたい。

そんな想いをすべて実現させたプロダクトが『ViMeCa』です!これまでのビデオレターにはない簡単な操作性とスタイリッシュさを兼ね備え、感動体験を誰もが生み出せるようにしました。

 

 

【製品・サービスの概要】

海外で即完売した、デジタルだけどアナログ的/シンプルで直感的に使える、小型カメラ搭載ビデオメッセージカード『ViMeCa』(ビメカ)をバージョンアップして国内先行発売!

全く新しい電報のカタチとしても使え、「ビデオレター2.0」とも言える、感動体験を生み出す製品です。

シンプルで直感的な操作方法。搭載されている高品質の小型カメラで、自撮り感覚の簡単な録画が可能。

再生には、PCやスマホも、アプリのダウンロードも必要なく、受け取る方にとってもストレスなく、簡単に、何度でも動画を再生できます。ViMeCa1台あれば、録画から再生まで誰でも簡単に実現できます。

 

 

<3つの特長>

1:シンプルでスタイリッシュなデザイン。真っ白で余計な装飾はしていません。

  装飾はせずに、誰にでも受け入れられやすいスタイリッシュなデザインを追求しました。A5サイズで約1cmの薄さ。手に取りやすい設計で、お子様でもご高齢の方でも負担なく持ち運びができます。真っ白なので、他の贈り物と合わせてデコレーションしたり、一言添え書きもできます。

 

2:ワンタッチで自撮り感覚、簡単な録画方法。

  カメラレンズはインカメラでセットされていて、自撮りの要領で録画ができます。録画ボタンを押せば撮影が始まり、もう一度録画ボタンを押せば、録画完了。撮り直したいときには、録画ボタンを5秒長押しすると、新たに上書き録画されます。煩わしい作業やセットアップは必要ありません。電子機器の扱いが苦手な方でも、誰もが簡単に録画することができます。

 

3:カバーを開くだけで磁器センサーが感知して自動再生。

 せっかくメッセージを録画して送っても、相手が再生できなければ意味がありません。

その点も『ViMeCa』は解決しています。カバーを開くと磁気センサーが感知、自動的に動画が再生されます。操作が簡単とかいうレベルではなく、電子機器の操作が苦手な方でも全くストレスなく再生できます。

 

<ご利用シーン>:贈り物編

(1)おじいちゃん、おばあちゃんに

敬老の日の贈りものとして。

日頃なかなか会えないおじいちゃん、おばあちゃんに、お子様の元気な姿を贈りましょう。間違いなくお喜びになられるはずです。

 

(2)結婚式のお祝いに

新郎・新婦へ。新郎・新婦からご両親、大切な友人へ。

喜びや祝福のメッセージ、感謝の気持ちを贈りましょう。

 

(3)退社、退職祝い、送別会、卒業祝いに

お世話になった上司、同僚、友人、仲間へ。

これまでの感謝の言葉、温かいメッセージ、これからのエールを贈りましょう。皆からのViMeCaで、きっと帰ってから涙を流すはずです。

 

(4)誕生日のお祝いに

友人、恋人、お父さん、お母さんへ。

大切な人の年に一度の誕生日。記憶に残る日になるよう、気持ちを込めて贈りましょう。

 

(5)遺言に

これからまだまだ生きていく大切な人へ。

手紙だけでは書き残せないメッセージを動画にして残しましょう。一言一言が一生の宝物になります。

※念のために手紙や動画のバックアップはとっておきましょう。

 

<ご利用シーン>:普段の生活編

録画ボタンを5秒長押しすると、上書き録画されます。

その機能をうまく活用することで、『ViMeCa』は贈り物としてだけでなく、伝言のコミュニケーションツールにもなります。

 

(1)簡単なお願い事のときに

遅くに帰ってくるパートナーへの「ご飯作っておいたからチンして食べてね」というメッセージ。

部下に指示するとき、大変な労力の掛かる業務でも、スムーズかつ和やかに業務指示を出せるかもしれません。

 

(2)なかなか構ってあげられていないお子様に

仕事が忙しくて、お子様とのコミュニケーションが疎かになってしまっていても、『ViMeCa』を使うことで解決できます。

お子様の授業参観に参加できなくても、「今日は授業参観行けないけど、いつも応援してるよ」という動画を『ViMeCa』で伝えてみましょう。

直接行けるのが理想ですが、このようなメッセージを伝えられると、きっとお子様も嬉しいはずです。

 

<ご利用シーン>:特殊な場面編

(1)芸能人・アイドル・スポーツ選手と撮影のチャンスに

芸能人やアイドルとの撮影ができるときに。

携帯の動画に保存するのではなく、『ViMeCa』に保存することで、限定品としてカタチになります。

 

(2)秘密の謎解きメッセージに

数台の『ViMeCa』を組み合わせれば、秘密の謎解きメッセージを作れます。

1台目のViMeCaには2台目のViMeCaの在処を。2台目のViMeCaには3台目のViMeCaの在処を。凝った誕生日プレゼントの渡し方や、リアル脱出ゲームなどでも使えます。

謎を解く方もワクワクしながらViMeCaの動画をみることでしょう。

 

(3)ビジネスでも活躍するノベルティグッズに

企業のロゴを装飾して紹介動画を録画して、高級なノベルティグッズとして渡せば、印象に残ること間違いなしです。展示会や交流会などで「自己紹介動画です。」と言って見せれば、1台だけでもプロモーション製品として活躍します。

 

このように、贈り物から特殊な使い方まで、ViMeCaは人と人とのコミュニケーションを感動的にする革新的な製品です。

 

【今後の展望】

 

「事業を通じて世の価値観を変えること」

このコンセプトをベースに自社商品の開発・販売を積極的に行っております。 

その先駆けとして「誰でも簡単に録画できるビデオメッセージカードViMeCa」を開発・販売しております。 

ViMiCaは海外で販売展開し、数多くのYouTuberからご紹介をいただくなど好評をいただいております。

またハードウェアだけでなく、独自アプリの開発にも着手するなど、人々の生活の一部になるような商品やサービスを創り、世界中の多くの方々にご提供できればと考えております。

 

 

クラウドファンディング:GREEN FUNDING

PCもスマホも使わずに、簡単に録画・再生ができる、カメラ付きビデオメッセージカード。

動画で伝えられて、最高の体験ができる、世界に一つだけの贈り物。

『ViMeCa』(ビメカ)

https://greenfunding.jp/lab/projects/2289/

(2018年6月5日~7月31日まで)

 

 

【DOKEについて】

本社:〒530-0015 大阪市北区中崎西4-3-32 タカ大阪梅田ビル9階

代表者:代表取締役 平松 建一

設立:平成24年10月1日

資本金:800万円

Tel:06-6940-6555

URL:https://www.do-ke.jp

事業内容:

・マーケティングに関するコンサルティング

・ホームページの企画、制作、運営、管理

・ポスター、チラシなどの広告媒体の企画、制作

・製造業に対するビジネス企画の立案、助言

・コンピュータシステム、ソフトウェアの企画、開発

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 商品情報
-, , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.