企業 新着ニュース 商品情報

故人の遺骨や思い出の品を納めて身近で供養するジュエリータイプの“手元供養商品”  シンプルなデザインが特徴の「Soul Jewelryベーシックライン」がより洗練されて新登場

投稿日:2017年11月17日 更新日:

~2017年11月17日(金)より販売開始~

メモリアルアートの大野屋
仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)は、遺骨の一部や遺灰などを納められるジュエリータイプの手元供養商品「Soul Jewelry(ソウル ジュエリー)」に、カジュアルからフォーマルまでシーンを選ばずにご愛用いただけるシンプルなデザインが特徴の「Soul Jewelryベーシックライン」を開発。洗練されたラインナップとして大野屋オンラインストア(http://www.mao-online.com/fs/temoto/c/jp-sgp13)や直営店舗、また、ソウルシリーズを取り扱う全国の葬儀社、仏壇店、石材店にて2017年11月17日(金)から販売いたします。

【人気の高い“オープンハート”モチーフをはじめ、毎日身に着けていただけるベーシックなデザインが特徴】

「Soul Jewelryベーシックライン」は、インナーポケットに大切な方のご遺骨やご遺灰の一部を格納できるジュエリータイプの手元供養商品です。「大切な人といつも一緒にいる為にいつも身につけるもの」をデザインコンセプトに、シーンを問わず毎日身に着けることのできるシンプルなデザインに仕上げました。デザインは6種のバリエーションがあり、オープンハートをモチーフにした「プチオープンハート」のほか、フランス語で“たまご”を意味する「ウフ・ミニョン」、“祈る”を意味する「プリエ」、“高貴な”を意味する「ノーブル」、“輪”を意味する「アノー」など、商品名にもひとつひとつ特別な意味を持たせました。素材はシルバー925に加え、本格的なジュエリー素材であるK18(イエローゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールド)、プラチナ900の3種よりお好みでお選びいただけます。

【手元供養商品への関心の高まり】

大野屋では、遺骨や遺灰の一部を収納し、身近に置いて供養するオリジナル商品を2010年から本格的に企画開発・販売しています。2015年4月1日からは、手元供養商品をカテゴリー別に「Soul Jewelry(ソウル ジュエリー)」、「Soul Petit Pot(ソウル プチポット)」、「Soul Stage(ソウル ステージ)」の3ブランドからなる「Soul(ソウル)シリーズ」として展開しており(ブランドサイト:http://www.souljewelry.jp/)、直営店やオンラインストアでの販売に加え、全国の葬儀社、石材店、仏壇店に卸販売を行っております。売り上げは年々順調に推移しており、消費者からの関心の高まりが伺えます。デザイン性の高いSoulシリーズは評価が高く、「Soul Petit Pot」は過去5度の「グッドデザイン賞」を受賞しています。

― 商 品 概 要 ―
【商 品 名】 Soul Jewelryベーシックライン
【発 売 日】 2017年11月17日(金)より販売開始
【価    格】 23,000~344,000円(税抜)
【素    材】 シルバー925(キュービックジルコニア付き)、K18(イエローゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールド)、プラチナ900(K18、プラチナともにダイヤモンド付き)
【種    類】 全6種 (プチオープンハート/ウフ・ミニョン/プリエ/ノーブル/アノー)

【販売窓口】
◎大野屋オンラインストア(http://www.mao-online.com/
◎メモリアルアートの大野屋Web Shop  本店(http://ohnoya-WebShop.com/
楽天市場店(http://www.rakuten.ne.jp/gold/mgohnoya/
Yahoo!店(http://store.shopping.yahoo.co.jp/mgohnoya/
◎大野屋メモリアルギャラリー国分寺(TEL:0120-25-4411)
◎大野屋メモリアルギャラリー千葉(TEL:0120-06-3022)
◎メモリアルアートの大野屋北関東支店(TEL:0120-41-1100)
◎メモリアルアートの大野屋 関西支社(TEL:0120-30-7777)
◎メモリアルアートの大野屋 京都営業所 (TEL:0120-31-7777)
◎大野屋商品取り扱い葬儀社・仏壇店・石材店
【お問合せ】 大野屋テレホンセンターTEL:0120-02-8888
【メモリアルアートの大野屋HP】 http://www.ohnoya.co.jp
【メモリアルアートの大野屋Facebook】 http://www.facebook.com/ohnoya

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
9月4日は供養(くよう)の日!~供養の大切さを考える、 新しい記念日を制定~ 

メモリアルアートの大野屋は、 毎年9月4日を新しい記念日「供養(くよう)の日」として 制定し、 生活者の皆様とともに「供養の在り方」を考えるための取り組みをスタートさせました。 当社では今後も引き続き「供養を大切だと思っているが何をしていいか分からない」方に対する サポートや、 供養に関する意識調査を基にした供養の現状分析・課題抽出を行い、 供養に関する様々な情報発信を通して、 供養文化の発展に尽力してまいります。「供養の日」ホームページ  http://www.ohnoya.co.jp/0904/ 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
=======================================================
メモリアルアートの大野屋は、 1939年に石材店として創業以来78年にわたり、
お葬式、 お墓、 手元供養、 無料仏事相談など、 仏事に関する総合サービスを提供しています。
ホームページ  http://www.ohnoya.co.jp/  フェイスブック  http://www.facebook.com/ohnoya 
=======================================================

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 商品情報
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.