キャッシュレス化推進から3年、約9割がキャッシュレス決済を使用する中、財布に入れる現金は平均5,000円減少 ~PayPal ~

paypal-paidy

オンライン決済サービスの「ペイパル」と、あと払いサービス「ペイディ」が共同で実施した調査「日本の未来のお買い物白書」によると、日常の買い物はキャッシュレス化が進んでいるものの、ご祝儀やお香典など冠婚葬祭に関する支出は現金派が過半数を占めたようです。

目次

ペイパルとPaidy、『日本の未来のお買い物白書』を公開

PayPal Pte. Ltd.東京支店

・80%以上が今後キャッシュレス決済の使用頻度・金額を増やしていきたいと回答、一方で冠婚葬祭や日本文化に関するお金の風習は過半数以上が現金派
・自分の消費行動については43.5%が社会的な責任があると回答。ライフスタイルに合わせて、自身が納得するものを選ぶコンシャスな生活者

paypal-paidy

グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォームおよびテクノロジーリーダーであるペイパルと、業界をリードするあと払いサービス「ペイディ」を提供する株式会社Paidyは、このたび、『日本の未来のお買い物白書』と題した調査を実施しました。その結果、興味深い事実が得られましたのでご紹介します。

●   日常化するキャッシュレス決済 〜冠婚葬祭や日本文化に関するお金の風習は現金派〜

○   2019年のキャッシュレス推進から3年が経つ中、日常の買い物時の支払い方法としてキャッシュレス決済が浸透。80%以上が今後キャッシュレス決済の使用頻度・利用金額を増やしていきたいと回答しており、キャッシュレスでの支払いが、今後より日常化することが予測される。

○   今後キャッシュレス決済の使用頻度・金額を増やしていきたいと回答している理由では、「ポイントが貯まること」や、「使える場所が多い」、「決済がスムーズ」といった理由が挙がる。

○   財布に入れる現金の平均額はキャッシュレス利用前と今後の理想を比べると5,000円少なくなっており、徐々に持ち歩く現金の額が減ることが想定される。利用はスマートフォンが中心だが、今後スマートウォッチやスマートリングなどそのデバイスは多様化する模様。

○   一方、ボーナスやご祝儀などお金に関する慣習のキャッシュレス化については、半数以上がボーナス・募金のキャッシュレス化に賛成であるのに対し、香典・ご祝儀など冠婚葬祭や、お賽銭・お年玉など日本文化に関するお金の風習については半数以上が反対と述べている。

●   買い物はオンラインとオフラインを使い分け 〜オンラインショッピングには潜む面倒も〜

○   ライフスタイルに合わせてオンラインとオフラインを使い分ける生活者。 「効率」重視の際はオンライン派、「実体験」を重視する時はオフライン派が多く見られる。一方、オンラインショッピングのデメリットとして「ID・パスワードなどを忘れてしまう」「商品がちゃんと届くか不安」「初めてのショッピングサイトでの買い物では、個人情報や支払い情報の登録が不安」といった点が挙げられる。

●   増えるコンシャスな生活者 〜ライフスタイルに合わせて、自身が納得するものを選ぶ〜

○   今後買い物をする際に重視したい点として「家族・友人のためになるか」「自己投資」「サステナブル」を挙げる生活者。自分の消費行動について、43.5%が社会的な責任があると感じると回答している。一方で、半数以上は社会的責任を感じていない現状も見てとれる。

○   自身の買い物に関する未来像では、「長く使えるものを選択して買い、数年に渡り使い続ける」「トレンドに左右されずに、本当に良いと思ったものだけを買う」が上位に。逆に「1シーズンのみなど着用や使用を限定した買い物をし、すぐにフリマアプリなどで売る」「SNS映えを意識した買い物をする」等は非常に低い数値となった。

●   「お金を使う」はネガティブからポジティブへ 〜未来に向け賢く自己投資をする生活者〜

○   お金を使うことに対しポジティブに受け取っている人の割合は、ネガティブに受け取っている人の約2倍。「自身の消費行動に責任がある」と答えた人は約半数がお金を使うことに対しポジティブだった。

○   自己投資をしていると回答したのは全体では約3割だったが、若い世代ほど自己投資をしている割合が高くなっている。また、自己投資をしている人は、お金に関する未来像において「メリハリのあるお金の使い方をしていると思う」と回答。自身にとって大切なものや成長に繋がることに積極的にお金を使いつつ、抑えるところは抑えるなど、賢くお金を使っていると想定される。

●   お買い物の未来は「さらなるキャッシュレス化」や「無人化」

○   日本の買い物に関する未来像(5年後)は、「無人決済店舗の一般化(31.2%)」「生体認証(顔認証、指紋認証など)での買い物(25.4%)」「ロボットによる接客(23.1%)」などテクノロジーの発展による、さらなるキャッシュレス化・無人化を予測する人が多い結果となった。

○   決済方法に関する未来像では、「ポイ活を意識した決済方法を選ぶ(30.6%)」や、「スマホでの決済が主流になり、財布を持ち歩くことが少なくなる(20.9%)」「お気に入りのキャッシュレスサービスを見つけ、メインに活用する(17.2%)」など、キャッシュレス化が進んでいくと同時に、個人が重視する観点による決済の多様化が見受けられる。

「金融の民主化」をミッションとするペイパルと、「お買いものにめんどくさいはいらない」をミッションとするPaidyは、日本の買い物事情をより良いものにするため、日々取り組みを進めてきました。今回の調査結果も受け、今後もすべての方の決済時のストレスを軽減し、ご自身のライフスタイルにあった賢くポジティブな買い物体験をデザインすべく、グループとして革新的なサービス提供に邁進していきます。

■調査結果 詳細はこちら 
https://newsroom.jp.paypal-corp.com/2022-10-04-PayPal-Paidy-Research

<調査概要>
【 調査地域 】  全国
【対象者条件】  男女18~69歳
【 調査手法 】  インターネット調査
【 実査期間 】  2022年9月1日(金)~9月5日(月)
【サンプル数】  計2,000人

■ペイディについて
ペイディが提供するのは、「今買いたい!」を叶え、お支払いは「まとめてあとから」行っていただける「あと払い(Buy Now Pay Later)」サービス。
シンプルなUX、翌月一括あと払いまたは分割手数料無料*の3回あと払いで支払いが可能な利便性、スマホで賢くお金の管理ができる点などから多くの方にご利用いただいています。
約70万店舗の販売店で利用いただけるほか、Visaの加盟店でペイディを利用できる「バーチャルカード」のサービスも提供しています。なお、同サービスを拡張し、実店舗でペイディが利用可能な
「リアルカード」も2022年7月より提供開始しました。アプリをお使いいただくと、欲しいアイテムの発見から購入までの一連のお買い物が、全てペイディアプリ内で完結します。
「夢に自信を持ち、心に余裕を持てる世界」を作ることを目指して。
お客様への信頼をもとに、どなたでも安心してお買い物を楽しめる環境を整えることが、ペイディの大事な使命です。 https://paidy.com/ * 口座振替・銀行振込のみ分割手数料無料。

■ペイパルについて
ペイパルは、米カリフォルニア州サンノゼに本社を置き20年以上にわたりデジタル決済分野の先駆けとして業界を牽引してきました。テクノロジーを活用することで、金融サービスと商取引をより便利でお手頃な価格でご利用いただけるようになり、現在は世界200以上の国と地域、3500万の加盟店を含む4億2900万人以上のユーザーがペイパルを利用しています。さらにペイパルは、日本を重要なマーケットと位置づけ、日本での利用シーンの拡大に努めています。
ぺイパル ニュースルーム: newsroom.jp.paypal-corp.com

PR TIMESより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!

カテゴリ最新記事

人気のキーワード

Twitterのコメント

総合ランキング

目次