シルバーファミリーコンサルティングの株式会社ニチリョク、アンカレッジと戦略的業務提携契約を締結

ニチリョク提携アンカレッジ (2)

幅広くライフエンディング事業を展開するニチリョクは、寺院境内型樹木葬を取り扱うアンカレッジとの戦略的業務提携を発表しました。既存の形式や枠にとらわれない霊園運営を通して、利用者の幅広いニーズに応えることを目的とした提携のようです。

株式会社ニチリョク

お墓・葬儀・終活などシルバーファミリーコンサルティングサービスを提供する株式会社ニチリョク(本社:東京都中央区/代表取締役社長:杉本卓士 証券コード:7578 以下「ニチリョク」)は、株式会社アンカレッジ(本社:東京都港区、代表取締役会長 柏 昌宏、代表取締役社長 矢島 靖擴、以下「アンカレッジ」)との間で、 アンカレッジが得意とする花と眠る樹木葬の開発・運営・販売等を共同で行う戦略的業務提携契約を締結いたしました。 

ニチリョク提携アンカレッジ (2)

1.業務提携の背景
少子高齢化・核家族化・過疎化等により、家族の在り方やお墓の在り方、供養観は大きく変化している一方で、「お墓」は人々の心の拠り所としてなくてはならない存在と捉えております。ニチリョクは、今後ますます多様化する消費者のお墓に対するニーズに応えていくため、樹木葬墓地をはじめ、生活者のニーズに先駆けた様々なタイプのお墓の提供が必要であると考えています。

2.業務提携の内容
アンカレッジが得意とする花と眠る寺院境内型樹木葬を共同開発・運営・販売することに取組んで参ります。当社は寺院開拓、集客、販売代理業務等を担い、アンカレッジは庭苑・業務設計、運営、集客及び販売代理業務を担うことになります。本提携により、双方の顧客のサービス向上に資することが期待できます。

3. 業務提携のメリット
当社は、本提携を通じてアンカレッジが提供する樹木葬サービスを通じて、当社がこれまで提供してきていない花と眠る樹木葬の開発と共に、アンカレッジ独自の広告手法、販売管理のノウハウを得てゆくことが可能となります。

4. 今後の見通し
当社は、創業以来お客様の気持ちに寄り添うことを第一に、多様化する家族意識や供養意識に対応した新しいサービスの提供に努めております。今回の業務提携はその一環であり、今後も他社とのアライアンスを積極的に推し進めることで、これまで以上にスピード感ある取組みを強化してまいります。

以上

■ニチリョクについて

命に終わりはあっても、家族に終わりはない。
つながりが脈々とつづき、今がある。私がいる。だからこそ感謝の気持ちがあります。
葬儀も、お墓も、これからの事業も。家族を真ん中に考える。それがニチリョクです。
家族の形はそれぞれにあるからこそ、形式や枠には拘らない。この時代の家族というものをもっと繋ぐ。家族の数だけ寄り添うサービスを⽣む。
⾔葉だけで終わらせない。ニチリョクの強い約束です。

【会社概要】
株式会社ニチリョクは、1983年に多摩聖地霊園の販売代行を開始して以来、日本初の自動搬送式納骨堂の販売代行や葬儀に生花祭壇を開発するなど、時代のニーズに応える新しい形のお墓・葬儀・終活を提供し続けるシルバーファミリーコンサルティング企業です。
会社名:株式会社ニチリョク(東京証券取引所スタンダード市場上場:証券コード7578)
設立:1966(昭和41)年12月22日
資本金:18億336万8282円
代表取締役:杉本 卓士
事業内容:墓地及び納骨堂の建設、販売及び運営管理、石材製品の設計、製造、販売及び施工、石材の採掘及び販売。葬儀・改葬に関わる業務の請負。各種祭祀の企画及び請負、葬祭に係わる贈答品の販売、葬祭場の運営。仏壇・仏具の販売。相続相談・遺品整理など終活コンサルティング。
【ニチリョク公式HP】https://www.nichiryoku.co.jp/

■株式会社アンカレッジについて

お寺の住職がつくったお寺のための会社
お寺と人々をつなぐ架け橋となる会社に
会社ロゴには、お寺、人々にとって困った時に立ち寄る港、
アンカーになりたいとの住職の想いが込められています。

【会社概要】
社名:株式会社アンカレッジ
本社所在地:東京都港区高輪2丁目16番13号
代表取締役:柏 昌宏、矢島靖擴
事業内容: 寺院墓地の企画・設計・販売、寺院における各種イベント企画・運営、寺院での葬儀・結婚式の施行支援、寺院経営における税務・法務・不動産有効活用化の支援、寺院運営のウェブ・システム導入支援
設立:2009年4月

HP:https://anchorage.co.jp/

PR TIMESより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!

カテゴリ最新記事

人気のキーワード

Twitterのコメント

総合ランキング

目次