結ぶ、祈る、贈る、日本のかたち

水引 (1)

冠婚葬祭と結びつきの強い「水引(みずひき)」や「熨斗(のし)」ですが、その起源や歴史にまで精通している方は多くないでしょう。冠婚葬祭に携わる葬儀社様および従業員様にとっては不可欠な知識ですので、この機会に深く学んでおいても良いかと思います。

株式会社誠文堂新光社

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2022年6月3日(金)に、『日本水引』を発売いたします。

水引 (1)

水引は古来より封印や魔除け人と人を結び付けるという意味合いがあり、現代においても冠婚葬祭の熨斗袋や贈答用の装飾等に使用され、日本人の生活に根差しています。

水引 (2)
水引 (3)

水引の始まりは日本人の祈りに原型を見ることができます。

本書では、水引の作法、結び方はもちろんのこと、はじまりから、そして現代のよく知られた贈答文化、これからの水引の行く末を辿り、現代へと繋がっていく流れを紹介。

水引 (4)

結ぶ、祈る、贈る、日本のかたちを、水引デザイナーであり、水引文化の研究をライフワークとして取り組む著者が、豊富な図版と共にわかりやすく紹介します。

水引 (5)
水引 (6)

【目次抜粋】
第一章 水引
水引のルーツを紐解く/紙縒の誕生/元結は実用、水引は装飾/二つある水引の起源/神様に捧げる作法/水引の語源/製造方法説とそうめん説/遣唐使と水引餅/和歌のなかの水引/武家文化と折形/内裏で作られた水引/[コラム]本数の単位

第二章 礼法
金封マナーの流れ/内向きの礼法・外向きの礼法/たくさんの小笠原流/町民がもとめた礼法/贈りものが変われば、作法も変わる/[コラム]流派の歴史、小笠原流系譜、往来本

第三章 基本の結び
基本の結び―真結び・両わな結び・あわび結び/水引結びの変遷/[コラム]現在の基本の結び、結婚式の歴史、挙式の形式、葬式の歴史

第四章 元結
元結のルーツ/紙縒の元結/文七元結と結髪文化/水引二大産地の交流/[コラム]人生の儀式(通過儀礼)、長寿のお祝い

第五章 陰陽五行
水引と陰陽五行/金封に見られる陰陽五行/日本で発展した陰陽道/天子南面と左上位/[コラム]相撲と陰陽五行、神と仏、二十四節気、雑節、節句(節供)、六曜(六輝)

第六章 水引の色
基本の色/白/赤と紅/ハレとケ/紅白/昭和天皇御即位の紅白水引/黒/キリシタン禁制とお葬式/凶事の色と黒喪服/黄/[コラム]喪服

第七章 熨斗
熨斗の贈りもの/シンボルとしての熨斗/熨斗鮑/不老長寿の祈り/熨斗を付ける・付けない/鮑と日本神話/神様へのお供えもの/熨斗がやってきた道/贈りものの主役/[コラム]忌と斎

第八章 結び
原始の結び/巫と覡/結びの呪術/結びの「目」と「体」と「手」/手のコミュニケーション/[コラム]結びの名称、結びと文字

第九章 贈答
贈答の始まり/直会の神人共食/贈答廃止運動/八朔儀礼/贈り合う文化の誕生

おわりに/日本水引索引/参考文献

【著者プロフィール】
長浦 ちえ(ながうら・ちえ)
水引文化研究家、水引デザイナー。
福岡県生まれ。2013 年に自身のブランド「TIER(タイヤー)」を立ち上げる。同年に書籍『手軽につくれる水引アレンジBOOK』(エクスナレッジ)が出版されたことをきっかけに、伝統を守りながらも従来の水引をアップデートする表現が話題となり、たちまち水引を世に広める。プロダクトデザインのほかに、「2020 年ドバイ国際博覧会」日本館の水引制作に携わるなどアートワークでも幅広く活躍している。企業や地域、教育機関との取り組みの中で水引文化を伝えている。

【書籍概要】
書 名:日本水引 
著 者:長浦 ちえ
仕 様:A5、224ページ
定 価:2,640円(税込)
発売日:2022年6月3日(金)
ISBN:978-4-416-52051-2

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/lifestyle/70529/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

PR TIMESより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる