お寺の住職が特別な手法であなたのペットを大切に供養してくれる 新サービス「大仙院ペット供養」(岡山県笠岡市)  2月1日新登場!ご予約受付開始 ~大仙院~

大仙院

岡山県の高野山真言宗寺院 大仙院は、ペットロスの悩みを抱える方向け新サービス「大仙院ペット供養」の提供開始を発表しました。サービス開始時期は2023年2月1日(水)で、すでにホームページからの予約受付を開始しているようです。

自宅で保管されているペットの遺骨を、 現役お寺の住職が江戸時代からの歴史のあるお寺の境内で供養

宗教法人 大仙院

大仙院(所在地:岡山県笠岡市、住職:増井 博)は、ご家庭で安置しているペットの亡骸を「お寺で」「住職が」「特別な方法で」供養してくれる新サービス「大仙院ペット供養」の提供を2023年2月1日(水)に開始します。それに伴い、ご予約の受付を開始いたしました。

「大仙院ペット供養」サービスサイトURL: https://6olqk.hp.peraichi.com

大仙院
大仙院

■提供背景

長年、住職 増野の家族の一員だった愛犬「ジュリー」の突然の死。ジュリーを何とか手厚く供養してやりたい。そう思って友人知人に相談していました。するとペットを亡くした経験のある多くの方が「いまだに自宅でペットの遺骨を保管している」という事実をしりました。とても胸が苦しくなったと同時に「ジュリーのお友達」を作ってあげたい。そしていまだに愛犬(猫)の死と向き合う飼い主さん達の悩みを解決してあげたい。その一心が今回のサービス開発につながりました。

増井 厚博
住職

■サービスの特徴

*既存のサービス

一般企業が運営するペットの火葬場はよく目にします。しかし、「ペットの埋葬供養」の施設は目にしません。日本全国で言うとお寺がペット供養をしているところもありますがまだまだ数は少ないです。また通常のお寺には「檀家」が存在しており、檀家がお寺の境内でペットの供養に反対するという背景もお寺でのペット供養が復旧していない原因のひとつとなっています。

*大仙院ペット供養サービス

大仙院は現存している記録によりますと明治時代から昭和初期にかけて「馬や牛」などの動物の供養を代々行っていたお寺です。また檀家を持たない大仙院は、ペット供養をするにあたり「檀家の了解」は不要。和尚の一存で「ペット供養」を始めることが可能でした。人間の供養と同じように、家族として扱われてきたペットの供養もしてあげたい。飼い主の気持ちになってペット供養を責任をもって行います。

大仙院は請負寺院が身内であり、住職は高野山で13年間の長期に渡り修行を重ねた僧侶で、一般的にいうところの霊的感性に優れています。従って、ペット供養に関しては他の寺院・僧侶とは違うノウハウを持っています。さらには、住職として代表役員を務める宗教法人 大仙院は、鳥取県西部の霊峯伯耆大山の主尊である大仙智明大権現を分祀勧請して本尊に迎えた寺です。古来より伯耆大山の仏神は、牛馬等の動物供養に法験効力が高い仏神として名高く、よってペット供養を施す寺院として最適といえます。

■ご利用の流れ

(1)ホームページよりご供養の予約受付

(2)ご供養の確定

(3)契約書の締結(郵送可)

(4)ペットのご供養開始

公式LINEへのご登録で、「ペットが天国に!大仙和尚が教える自宅でのペットの正しい供養方法」(動画30分程度)をプレゼント

【サービス概要】

サービス名: 大仙院ペット供養

提供開始日: 2023年2月1日(水)

提供時間 : 平日 10:00~17:00(最終受付16:30)

       土日祝 10:00~17:00(最終受付16:30)

場所   : 大仙院(〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡5240)

アクセス : 山陽本線「笠岡」駅 徒歩15分

料金   : 9,800円(税込)/[1年間の供養]※限定先着10名様

申込方法 : ホームページまたはお電話でのお申込

URL    : https://6olqk.hp.peraichi.com

【会社概要】

商号  : 大仙院

代表者 : 6代目和尚 増井 厚博

所在地 : 〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡5240

設立  : 1692年(元禄5年)

URL   : http://daisenin.jp/about

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

大仙院 お客様相談窓口

TEL:0865-62-3200

お問い合せフォーム: http://daisenin.jp/contact

@pressより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!

カテゴリ最新記事

人気のキーワード

Twitterのコメント

総合ランキング

目次