企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

AERAが“ネコ化”した「NyAERA(ニャエラ)」第4弾!「ネコの病気と老い」

投稿日:2019年4月2日 更新日:

 
朝日新聞出版

ニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)は、丸ごと一冊ネコを特集した増刊『NyAERA(ニャエラ)』の第4弾「ネコの病気と老い」を発売しました。ネコの二大疾病といわれる腎臓病やがんの早期発見や最新治療のほか、シニアネコのための衣食住の見直しやいざという時のための保険や防災グッズ、一緒に入れるお墓287カ所の一覧まで、ネコの健康と医療に特化しました。

この増刊のコンセプトは、「ずーっと一緒。亡くなってからも一緒」。ネコの二大疾病である「腎臓病」と「がん」は、早期発見から最新治療まで徹底的に取材しました。健康寿命を延ばすと言われる「歯みがき」では、その方法だけではなく、歯みがきに慣れるまでのステップも紹介。いざというときのための「防災対策」に「ペット保険」、一人暮らしでも最後まで面倒を見られるシステムや、年齢を重ねたシニアネコのための衣食住のケアまでも網羅しています。

また、「ペットと一緒のお墓に入りたい」という声にお答えして、ネコと一緒に入れる全国のお墓287カ所のリストも収録しました。

巻頭グラビアには、ネコエイズウイルスに感染した「りんご猫」と呼ばれるネコたちが登場。巻末グラビアは、人気ネコ写真家・沖昌之さんの癒やしカットで構成しています。ネコのために何かしてあげたい、ネコとずーっと一緒にいたいという方は必読の1冊。ぜひご覧ください。

NyAERA (ニャエラ) ネコの病気と老い 長生きするニャ
定価:780円(税込)
発売日:2019年3月29日
A4変判 84ページ 平綴じ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NN3VR5P/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2021 All Rights Reserved.