エンディング産業展2019

鳴本石材 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

鳴本石材

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

鳴本石材鳴本石材は、墓石やモニュメント、造園などに用いる石材の製造や輸入卸売を行っている企業だ。その中でも、墓石に用いる石材の取り扱いが大部分を占めている。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

鳴本石材の今回の出品で注目なのは、あえてつるつるに表面を加工していない墓石だ。一般的な墓石は表面をつるつるに加工しているが、鳴本石材が今回出品している墓石はそういった加工を行っていないため、一般的な墓石では出せないしぶさや趣を感じることができる。

他社との違いや今後の予定・目標

中国などの外国産の石材を用いた墓石が主流になっている中で、鳴本石材は日本産の石材で日本で暮らす人の墓を作ることにこだわっている。また、墓の大きさがどんどん小さくなっていく流れに与さずに墓石を作ることにもこだわりを見せている。これまでは会社が関西にあることもあって西日本をメインに事業を展開していたが、今後は東日本にも進出していくことを目指している。鳴本石材

鳴本石材
〒714-0062 岡山県笠岡市茂平2918-23 0865-66-3066 0865-66-1144 http://narumoto.co.jp/

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.