山口FGの3行、遺言代用信託「家族への贈りもの」を取り扱い開始

オリックス銀行

山口フィナンシャルグループ(本社:山口県下関市、社長:吉村 猛)の子会社である山口銀行(本社:山口県下関市、頭取:神田 一成)、もみじ銀行(本社:広島県広島市、頭取:小田 宏史)および北九州銀行(本社:福岡県北九州市、頭取:藤田 光博)とオリックス銀行(本社:東京都港区、社長:浦田 晴之)は、信託契約代理店の業務委託契約を締結しました。山口フィナンシャルグループの3行において、2月4日より、遺言代用信託「家族への贈りもの」の取り扱いを開始しますので、お知らせします。

遺言代用信託「家族への贈りもの」は、山口フィナンシャルグループの3行がお客さま(委託者兼受益者)とオリックス銀行の信託契約の締結を媒介し、お客さまの相続発生時にあらかじめご指定いただいたご家族などの受取人(帰属権利者)に金銭を交付する商品です。

山口フィナンシャルグループとオリックス銀行は、今後もお客さまの多様化する資産承継ニーズに幅広くお応えしていくため、より良い商品のご提供とサービスの向上に努めてまいります。

1.本商品の特徴

(1) 遺言と同様に「特定のご家族に資産を承継させる」機能を持ちながら、遺言書作成の負荷なく資産承継が可能です。

(2) 相続完了を待たずに、あらかじめご指定いただいたご家族などの受取人(相続人)へ資産承継が可能です。

(3) 元本保証の商品ですので、安心してご家族などの受取人(相続人)への資産承継にご利用いただけます。

2.取扱開始日

2019年2月4日(月)

3.商品概要

【スキーム図】

 

PR TIMESより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる