企業 新着ニュース 慰霊祭・お別れ会・偲ぶ会

訃報 石川忠

投稿日:2017年12月29日 更新日:

ピースモークアソシエーション

去る2017年12月21日、音楽家、メタルパーカッショニスト 石川忠(享年51歳)が他界しました。 葬儀は親族のご希望により、近親者のみで執り行われました。 かねてより闘病中で入退院を繰り返していましたが、2018年に向けて新たな音楽活動を準備していた矢先のことでした。

石川忠 訃報

 

石川忠 近影

 

去る2017年12月21日、音楽家、メタルパーカッショニスト 石川忠(享年51歳)が他界しました。

葬儀は親族のご希望により、近親者のみで執り行われました。

かねてより闘病中で入退院を繰り返していましたが、2018年に向けて新たな音楽活動を準備していた矢先のことでした。

 

石川忠 プロフィール

 

1966年 神奈川県生まれ

インディーズ・シーンで高い評価を受けたメタルパーカッション・ユニット“ツァイトリッヒ・ベルゲルター”の中心メンバーとして活躍。

88年、塚本晋也監督と出会い『鉄男』の音楽を担当。国内外から高い評価を得る。

93年にメタルパーカッション・ユニット“DER EISENROST”を結成。

塚本晋也監督作品『鉄男』、『鉄男II/BODY HAMMER』、『東京フィスト』、『バレット・バレエ』、『双生児』、『六月の蛇』、『ヴィタール』、『玉虫』、『ヘイズ/HAZE-オリジナル・ロング・バージョン』、『悪夢探偵』、『悪夢探偵2』『鉄男・THE BULLET MAN』、『野火』などの音楽を担当し、塚本作品を形作る重要なファクターとなっている。

『双生児』ではシッチェス・カタロニア国際映画祭音楽賞受賞。

その他『極道戦国志 不動』(96/三池崇史監督)『DEAD OR ALLIVE2 逃亡者』(00/三池崇史監督)等で音楽を担当した。

 

http://www.eisenrost.com

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 慰霊祭・お別れ会・偲ぶ会
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.