企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

【11月18日・19日】葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

投稿日:

11月18日と19日の両日、都内で「全葬連葬儀事前相談員」の資格認定講習会と試験が行われたました。(葬研編集部)

この講習会・試験によって全葬連葬儀事前相談員資格の取得者は、現時点で全国に1100人だそうです。

この事前相談員資格は、経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)が葬儀に関連する消費者からの事前相談に的確に対応し、葬儀に関する消費者の安心感と信頼感を確保することをめざして導入されました。

記事は以下の通りです。

11月18日、19日の資格認定講習会では、遺産相続に関する法的問題や、遺族との話し方・遺族ケアの方法などについて、弁護士や医師、コミュニケーション技能が重視される元ホテル支配人などが講師陣として招かれた。講習後の試験では筆記試験と実技試験があり、遺族に寄り添う気持ちの伝え方などもテストされた。筆記・実技で合計70%以上を得点することが合格の条件。今回は約50人が参加した。

全葬連では「消費者からの事前相談には心からのおもてなしで応えるようにすること、消費者からの質問に適切にアドバイスできるようにすること、その重要性や方法なども講習会で学びます。全葬連がこのような資格制度を展開していることについて社会的な周知にも努めて参ります」。

実技では、相談対応として「適する言葉」「適さない言葉」などの区別・違いも試験対象となっていた。

引用元/記事全文はコチラ→WEBニッポン消費者新聞

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.