企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

老後資金の「見える化」について、個人も企業も考える時代に

投稿日:2018年5月24日 更新日:

〜老後のお金を体系的に学べるスクールが2018/5/26開校!〜

日本ファイナンシャルアカデミー 
日経新聞2018/5/24の私見卓見で、みずほ総合研究所社長・高橋秀行氏の「老後資金の見える化への企業の役割」という提言がありました。

提言では、「企業が従業員に対して職系別の標準的な退職金と年金の実額を毎年通知することを提案したい。従業員にとっては、生涯にわたる資金計画を定期的に見直すよい機会となるだけでなく 〜中略〜 モチベーションの向上も期待できる。」と書かれており、そのような企業のサポートも得ながら、個人が早い段階で「老後資金の見える化」をしていくことは、今の時代に必要になってきていると考えます。

 

一方、一言で「老後資金」といっても、人生100年時代の「老後のお金」は、貯蓄をして年金受給額を知っておけば「見える化」が終わるわけではありません。20代や30代では関わりの少ない「親の介護費」や「医療費」が目の前に突然現れたり、自身の体調や家族人数の変化に対応した「住まいの見直し」が必要となったり、保険や相続、お墓の問題など「老後のお金」について、知っておくことや準備しておくことは幅広くあります。

そんな超高齢社会のために必要な学びとして、創立16年目のファイナンシャルアカデミー(本社:東京都新宿区、代表:泉正人)が立ち上げた「定年後設計スクール」は、定年後のお金備えを体系的に学ぶ、これまでなかったカリキュラムです。

カリキュラムは全24講座あり、Webで受講するコースと、教室(新宿校)に通うコースがあり、2018年5月26日(土)から、また新たな期がスタートします。この日の講座は、「知っておきたい老後の現実」として、リタイア後の生活費のイメージを持ったり、老後破産になるケースを知ったり、老後の家計や保険の再設計を学びます。講義は週末ごとに約2ヶ月続き、年金のこと、仕事や生きがいのこと、老後の住まい、資産運用、医療・介護、相続・終活まで、専門の講師によって1つ1つ学んでいきます。

受講を修了した生徒からは「知っておくべき項目を “体系的に”で学べた」という声が多く寄せられます。また、企業においても、40代、50代の従業員の定年後の人生設計をサポートするために、当校のカリキュラムを導入する事例が増えています。

人生100年と言われる今の時代、定年後を豊かに過ごすための備えは、情報収集から実践まで膨大ですが、知っておくべき制度や、その制度の使いこなし方を、企業のサポートや、個人での学びによって、備えていくことが必要な時代になってきているのではないでしょうか。

「定年後設計スクール」無料体験学習会も開催中です。詳しくはこちら http://www.f-academy.jp/pr50

--------------------------------------------------------------------------------
■ ファイナンシャルアカデミーとは
お金の教養を身につけるための「総合マネースクール」です。2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・WEB受講を通じて16年間で延べ46万人の方が、貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、資産運用、キャリア形成、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを学んでいます。
◇ 公式サイト http://www.f-academy.jp/
--------------------------------------------------------------------------------

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.